無料レンタル





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インデックスを

初めて訪れる人向けにインデックスを作りました。
http://laserdiode.blog100.fc2.com/blog-entry-600.html

こんだけ増えた後に作ろうとすると相当時間かかりますね…。

システムの知識がある人はもっと簡単に作っちゃうんでしょうけど、ついでに
整理しながら、ひと言書きながらだったんで手動で…。疲れた!(笑)

ちなみに作ろうと思ったきっかけは、亨珈さんのブログ。
外断熱の家に住もう~猫御殿の住人たち~
2列にする技がよく解らなかったので、自分は1列で(笑)。
スポンサーサイト

塗り壁の厚み

住宅瑕疵担保履行法とかいうのが10月1日から施工…じゃなくて施行
されるそうですね。

詳しくは知らないので何ですが、これって、施主と請負した会社の
契約なんですよね?

下請け(または下請けの下請け)業者が施工してて、コソッと手を
抜いて作業した場合で、保険を申請した仕様と異なる仕様で
建てられているために、保険が適用できません
・・・てなことに
なった場合、請負業者は責任を取ってくれるんでしょうか?


検査の時だけ金具をとめてて、後で外してコストダウンとかもやろうと思えば
やれますよね?見に来るタイミングによっては施工済みで見えない箇所とかも。
(これは、今のキチンと建ててるかの検査でも同じですけどね)
現場監督が全部の工事をキチンと監督できるなんて、もはや都市伝説の
レベル
でしょうからねぇ。


請負会社が全て責任を取らないといけない場合は、結構大変そうですねぇ・・・
「○○設計事務所」などの、設計士さん建築士さんだけの会社なんかは
どうするんでしょうか?全部の工事を下請けに出すわけでしょう?
・・・あ、でもその為の保険という事なんですかね?


教えて!えらいひと!

長期優良、震度6強で倒壊

長期優良住宅の木造3階建の耐震性能2をクリアした住宅と、
クリアしていない住宅。予想と反対にクリアしてる方が倒壊。
動画がfc2動画にあったのでご紹介。(リンク切れてたらすみません)

倒れた方が長期優良の仕様らしいです。
この件に関して・・・・

長期優良、震度6強で倒壊(続き)

前回の記事で、「そんなことより考察を載せて欲しい」ってのを
書きましたが、書いてらっしゃる人を(他の人のブログから)知りました。

「太郎丸の木造耐力壁ジャパンカップ応援blog」
3階建木造の実大実験 2009/10/27

ここに間取りが載ってますが…、確かに耐力壁の置き方が素人目にも
危ない感じです。
(これでは南北の揺れは強いが東西の揺れには弱いぞ…という感じ)

ちなみに自分の家はこんなことを考えてました。
(素人の割には考えて間取り作ったと思いません?w)

内覧会に行ってきました。

今日は本格土壁木造のお宅の内覧会に行ってきました。

撮影禁止の部分も有りましたが、撮っても良いところもあったので、
写真多めでお送りいたします。(web内覧会しちゃいますw)


中に入りました。室内は、超豪華。
釘は使ってないそうです。梁に付いてる飾りがワンポイントでステキです。
熊本城005


続いてダイニングキッチン。

こだわった方法で土器を作ろう!

3連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。
ウチは特に遠出とかの予定は無かったのですが、近所の役場で
体験ものをやってきました。(この前も味噌作りました)

今回は「縄文式土器」です。
焼き方も窯ではなく本格的な野焼きです。(本格的の使い方合ってる?)

作ったのは9月末です。いままでどこかで自然乾燥されてました。
土器001 土器002
体験は小学生以上のため、お姉ちゃんのみ。
完成直前はふにゃふにゃだったので、余った土を補強で(私が)4本、柱を
付けたんですが、センス無い形になっちゃいましたねぇ。スマンw

そして縄文式と言いながら、縄の跡がサッパリありませんw
竹串で絵を描いてます。

今回はこの土器を焼きました。

正しい職人さんの持ち上げ方?

あちこちの施主ブログでたまに見られる事として、こういうのがあります。

「どうやったら(他のお宅よりも)職人さんがキッチリやってくれるか」

まあ、個々の職人さんの性格もあるでしょうから、正解というのはないと
思いますが考えてみます。

施主として、どうやったら良い仕事をしてもらえるか?
知識のない、素人施主の立場から考えてみます。
(例外:金を出す⇒金を出して腕の良い職人or監督者を雇う)

目次ページの見直し計画

FC2ブログの機能の一つの訪問履歴というがあり、同じFC2ブログを
書いてる人は、このブログへいらっしゃったかどうかが分かります。
サイト名なんかが表示されて分かるようになってるんですが、そこを
たまに見て、逆にそのブログにお邪魔することがあります。

そこで、「訪問履歴からきました。はじめまして~」なんてコメントを
書いてみると、「まえから(ブログ)見てましたよ」とか、たま~に
言われるんですが、やっぱりブログ読んでても、なかなかきっかけが
無いとコメントとか書きませんよね~(笑)


と、タイトルと関係ない話はさておき、家を建てた後もいろいろ書いて
きた部分が結構溜まってきました。そろそろ目次ページを見直そうと
思います。

以前から、実作業部分は、
 「丁寧な作業を見ることで、これまで知らずに普通だと思ってた作業が、
 実は結構雑な作業だったということが(ブログ見た人にも)分かるようになる」
という効果を期待して書いてました。


目的はこれから家を建てる人の参考になったら面白いなぁという自己満足w
「これは過去記事に埋もれさせたらいかん!後からでも見れるようにせねば!」
ということで、過去記事を一覧にしました。


初めてこのブログに来る人にもわかりやすいようにと、一覧表を作ったのが
2009年1月です。家自体は2008年4月完成なんですけど、過去に記事を一度
精査してまして、アップしなおして、完了した時点(1月)で作成しました。

今でもたまに、検索で飛んできた人がこのインデックスページを見て、
他の記事も読んで行ったりしてくれてるようです。(狙い通りですね!)


こういう建築作業の話って、本とかHPとかで、ずっと以前からもあったかも
しれませんが、別に似たような内容がたくさんあっても、知りたい人には
間口が広がっていいでしょうしね。

家作り前または最中の人が、何かのきっかけでこのブログを見てもらえれば
良いです。…という気持ちで書いております。


家作りブログとしては、普通だったら今年1月の時点でほぼ完了です。(実際は
2008年4月か?) ただ、2008年のクリスマスに「家作り奮闘記コンテスト」が
あったり、雑誌にブログ名を書いてもらっちゃったりしてたので、しばらくは
そっちの方面から飛んでくる人がいるかも知れない。

全然家作りに関係ない話ばっかりだったら悪いかな~(笑) くらいの感じで
家作りネタを継続して書いておりました。見に来た人が何か一つでも持ち帰って
くれたらいいな~と思って。

今年に入ってからの記事は、カテゴリーに「余談」って書いてるものがかなりの
割合を占めてます。気がついたら100件超えてますし(笑)
なんで「余談」かというと、特に理由は無いのですが、実録部分じゃなくて検討部分
だからとかそんな感じです。
わかった風に(素人が偉そうに?)書いてるのがちょっとどうかな?というのも
ありまして恥ずかしくてw、「余談」なら許してもらえるかな?と。



2008年家づくり奮闘記コンテストの選者寸評で、このようなコメントをいただきました。

「家づくりの中で“選択”は迫られ続けるわけですが,最後にどれを選択したのか,そしてその選んだ理由はどなたもそれぞれお持ちですが,おきらく旦那さんの理由には膝を打ちたくなるような,盲点をカバーされる事が書かれてあり,同じような境遇の方もそうでない方も選択する際のアドバイスになると思います.」


・・・これでちょっと調子に乗りました(笑) 色々調べたり経験したので
折角だから書いとくか!・・・と。(笑)
そういうわけで(?)、整理する記事が増えたので、目次を2つに分け
ようと思います。


ひとつは、これまでの建築実況中継の部分。これは建ててる途中の人が、
自分のトコの作業と見比べてくれるとよろしいかと思います。
良いトコも悪いトコも違いがあって当然ですので、違いがあることを気づけるように。
(ウチで書いてることがすべて正しいということは決してありません。)


もうひとつは、契約する前や打合せ中の人、仕様検討中の人向け。これを作ります。
ついつい営業さんに乗せられてとか、本(宣伝本)で読んで使いたくなったりした
工法・材料とかについて考える機会を持って欲しいと。
ついでにその後の子育てや雑談なんかもいれて一緒に考えて欲しいなと。

本当に必要なものを取捨選択する参考になれば良いかと思います。

たとえば、「正しい○○」シリーズとかはこっちにまとめて並べようかと検討中。
(記事によっては両方に記載しようと思います。)


出来るだけ中身がわかるように心がけていきたいと思います。しばしお待ちください。
・・・って、初来訪の方が対象なので、今読んでる人は必要ない件かも知れませんが(笑)

赤外線も可視光線も完全反射。

魔法瓶浴槽とかありますが、住宅全部魔法瓶みたいにすれば、
断熱最強なのでしょうか。

だとしたら、内壁や天井を全部アルミシートorステンレスの様な
もので覆ってしまえば断熱効果は格段に上がるのでは?

この「風通し銀次郎」は屋根用で、外向きですが、保温ならば
本物の魔法瓶の様に内壁全部こんな感じに(断熱材を貼った後)
クロスの代わりに貼れば良いんじゃないですか?

ホーローは金属にガラスがくっついてますが、それの金属の裏面に
断熱材(ポリスチレンみたいな)を貼り付けて、そのままパネルに
する。金属の表面は無塗装で、鏡の様にする。このパネルで傷や
汚れにも強く、断熱も最強。断熱材を自然素材にすれば、ホーロー
なので、おまけに化学物質も出ない仕様にも出来ます。


多分、照明も眩しくてしようがないくらいに効率が良いかも(笑)
明かりとりの窓なんかも小さくて済みそうですし。
(型ガラスやレースカーテンで光を拡散させないと目に悪い?)


効率よさそうなのは、やはり鏡面加工されたものが良さそうな気がします。
お風呂とかにどうでしょうか?
そんなのいかがわしくて耐えられない(笑)という場合は、不本意ですが
銀次郎みたいに乱反射するように表面に多少凹凸を付けるとか。

あー、たまに全部鏡貼りの部屋があると噂で聞きますが、なるほど
そういう、エコが目的で作られた部屋だったんですね~・・・。

遊園地にある「ミラーハウス」って、究極の省エネモデルハウス?


え、吸湿?何それ?


それはともかく、この銀次郎はちょっと使ってみたかった気がします。
でも、それくらいなら窓の断熱を考えるべきかな。

3DマイホームデザイナーLS3が発売

3DマイホームデザイナーLS3が発売されたそうです。
(何で3Dは全角で、LS3は半角なんでしょ?)


今回のバージョンアップの目玉は
 「太陽光パネルシミュレーション」
の様です。

なるほど。その土地(地域)で、家の形を作って、パネルを置いて、
発電量をシミュレートする訳ですね。
隣近所に遮蔽物があったら、それも一緒に作っておけば、結構な
シミュレーションになりそうです。

他にも住まいの環境性能診断とか。素人さんには目安になる機能でしょう。
(と、素人さんの私が偉そうに言いますよw)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。