無料レンタル





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブログ復活させてみました。

熊本とその周辺で大きい地震がありました。(現在進行形)
我が家の周囲も震度5強、震度6強、震度5弱と、何度もでかい揺れを経験しました。

震源地とはほんの少しずれていたこともあり、さすが日本の建物。隣近所では全壊した家は殆どありません。
(益城地方の様に震度7だった場合は、古い建物は倒壊してしまうのは仕方ないと思います。要避難!)
ただし、繰り返しの強い地震にどれだけ耐えられるかはわかりません。過信も禁物です。

「こんなこともあろうかと」と、いうつもりでアホほど耐震強度上げて作った訳では無かったの
ですが、結果的には「やってて良かった頑丈な家づくり」となりました。今のところですが。
(本棚を壁に固定してたりとかもバッチリ役に立ちました!)

今後、家づくりをされる人は、より地震に強い家を考えるかも知れません。
少しでも参考になればと思います。
※注意! 過去の記事であり、当時の変なノリがそのままですので、不快に思ったらすみません。
スポンサーサイト
[ 2016/04/18 00:50 ] なんとなく思ったこと | TB(0) | CM(0)

繰り返しの地震がやばい

けっこう阿蘇の近くに住んでいるのですが、なかなか地震がおさまりません。
これだけ繰り返し地震があると、ダメージが蓄積されて大丈夫だった家屋もつぶれたり
しそうで、非常にまずいです。車ですごす人が増えていたのもわかります。

大建工業のダイライトのページで耐震試験の動画がありまして、ダイライトを施工していない、
筋交いでの建物で、倒壊はなくても柱に致命的なダメージがあったりしているのが見られます。
実際もこんな感じに、一度は耐えられてもダメージがあるかもしれません。
(完成後は金属固定部分は見えないので、崩れるまでわからないかも・・・。)
これを考えると、いつ大きい地震が来るかと不安でたまらないということもわかります。
毎日のように緊急地震のエリアメール来ますしね。

テレビ等で移されている倒壊した家屋は築何十年もたっている古い建物で金具がどうとか
以前のものかもしれませんが、最近建てた家屋でも、地域・場所によっては危険な状態に
なっているかもしれません。
震度5以上が何回も来るというのを想定して建てている人とか、あまりいないでしょうし…。

今も流行ってるのか知りませんが、広々リビング、開放的な間取りなどで強度をぎりぎりで
設計されているおうちなど、ダメージがいかほどか。今回の地震が収まったらチェックする
べきなんでしょうね・・・。(その費用はどこからも補助はなさそうですので厳しいですが)
[ 2016/04/19 14:19 ] なんとなく思ったこと | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。