無料レンタル





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

LED照明

この前、新聞で紹介されていたので、その関係で「とくダネ!」でも話が出ていました、
LED照明。買って欲しい人が紹介する利点は、
 ・長寿命
 ・省エネ
 ・蛍光灯と違って調光できる


あたりですね。
逆に買って欲しく無い人が紹介する欠点は、「高い」です。

あと、マニアックな利点は、

スポンサーサイト

新機能(1)

オシャレなパーツも知らなければ、専門職でもないので、政変で
建築関係がどうなるかもよく知らないおきらく旦那です。ですので、
それらの話題には触れずに、適当に広く浅くてマニアックなネタでも
書いときます(笑)


先日LED照明の事を書きましたけど、建材や設備は日々新製品の
開発がされていると思います。
見た目がカッコいいとかそういうのではなくて、機能としてどんなものが
出回ってきてるんでしょうか?


○照明
 これは書いたとおり、LED照明。それと有機EL照明なんかがありますね。
白熱灯より、低消費電力、長寿命です。ちょっと前まで明るさが足りません
でしたが、クリアできてきたし、これからの製品化のキーは低コスト化ですね。


新機能(2)

家を建てる前に色々調べてた事を思い出しながら書いてます。
あの時、新聞発表とかあった新機能、新開発。今はどうなってるんでしょ?

ちったぁ普及したんじゃろうか?


新機能(3)

○トイレ
 ・ちょっと前から節水を突き進んでいる気がします。20年前からのトイレからは
  かなりの節水能力とはおもいますが、2年前のと今のはどれくらい違うんでしょうね。
  (いまだと船越さんの出てるCMが思い浮かびます)

 ・陶器ではないアクリル製の便器、台所用中性洗剤の利用、なかなか画期的な
  商品でした。長持ちしない可能性がありますが、大抵、おしり洗浄部分は電気製品
  ですので、せいぜい10年くらいでしょう。で、一体型は買い替えですよ。たぶん。
  
節水の次は何がくるでしょうね?におい関係の改善でしょうかね。
または、音を改善するとか。・・・と思ったらその辺はどんどんやってるみたいですね。
(流す音はすごい静かになってるみたいです)

でも、私が思った音は、水を流す音の方じゃなくて。(笑)
逆位相の音をスピーカーから出すことによって、ぷぅ~とかの音を消すみたいな!
ヘッドホンのノイズキャンセリング機能と同じ要領ですよ。無いのかな。
音姫とかのかき消す系じゃなくて。

あと、座ると便器が動いて、乗馬してるような運動をすることで腸を活発にするってのは
どうでしょうか?(笑) Panaさんどうでしょう?


床下湿気、防虫対策

相互リンクさせていただいてる、「京都の左官 丸浩工業の左官日記」さんの
ホームページの方に、商品名「マッドボール」と言うのがあります。

MADではなく、MUD(泥)の方だと思いますよ。
[素 材] 土・紙・珪藻土・ヒバ粉(青森産のヒバ粉を使用)…とのことです。
ただ、検索でマッドボールと検索したら、別の意味のやつが出てきますね。
建築用語でもあるみたいです。長い間で沈殿してできちゃう、泥の塊みたいなやつ。


ここで、勘の良い人ならわかると思いますが、その製品は、湿気(珪藻土)と
防虫(ヒバ)対策を狙った製品です。あと、消臭(珪藻土)もか。

樹脂サッシ万能説

樹脂サッシの材質はPVC(ポリ塩化ビニル)というものらしいです。
そう、その辺に良くある材料なんですよ。
(その割にはサッシは高価なような…加工技術?)
熱伝導率は0.18W/(m・K)だそうです。

ちなみに
杉・ヒノキ:0.12W/(m・K)
グラスウール10K:0.05
ポリスチレンボード:0.03
タイル   :1.1
コンクリート :1.3~1.5
ガラス   :1
鉄     :84
アルミ  :237
銅     :398


とか、そんな感じです。(前書いた数値と違うかも知れませんが、その時々で(笑))
高断熱には樹脂サッシじゃないと!
そして外張り断熱じゃないと充填断熱ではだめだ


と、言う人もいるかもしれませんが、ふとした疑問が。

塗り壁の厚み

住宅瑕疵担保履行法とかいうのが10月1日から施工…じゃなくて施行
されるそうですね。

詳しくは知らないので何ですが、これって、施主と請負した会社の
契約なんですよね?

下請け(または下請けの下請け)業者が施工してて、コソッと手を
抜いて作業した場合で、保険を申請した仕様と異なる仕様で
建てられているために、保険が適用できません
・・・てなことに
なった場合、請負業者は責任を取ってくれるんでしょうか?


検査の時だけ金具をとめてて、後で外してコストダウンとかもやろうと思えば
やれますよね?見に来るタイミングによっては施工済みで見えない箇所とかも。
(これは、今のキチンと建ててるかの検査でも同じですけどね)
現場監督が全部の工事をキチンと監督できるなんて、もはや都市伝説の
レベル
でしょうからねぇ。


請負会社が全て責任を取らないといけない場合は、結構大変そうですねぇ・・・
「○○設計事務所」などの、設計士さん建築士さんだけの会社なんかは
どうするんでしょうか?全部の工事を下請けに出すわけでしょう?
・・・あ、でもその為の保険という事なんですかね?


教えて!えらいひと!

大工ってスゲェ!!

リビングと和室だけは厳しい予算ながらも桧の柱になりました。
で、桧の柱と言っても、ピンからキリまで有るらしくて、無節になると
たいそう高いお値段になるとか。

もちろんそんな高額な柱を用意する予算なんてありませんでしたので、
予算内で棟梁にお任せです。無節のなんて用意できるはず有りません。

柱の表面はこんなのだと思ってました。
桧の柱03 これはこれで味がある?
注:写真の木材は我が家で使ったものではありません。


それが、出来上がってみると・・・

カンナとサンダー

20世紀少年ではありませんよ。木材の仕上げのところです。
先日、シルバーウィーク中に某住宅工務店のブースで7寸角の無節四方柾とか
そんな感じのすごい柱なんかが展示してあったんですが、触ってみるとザラザラ。
(ザラザラというより、もう少し凹凸が少ない感じなのでサラサラくらいか?)
機械で仕上げられてる感じです。

以前、NHKでこういう番組がありました。


正しい工務店の選び方

たまに思いついたように書いてる「正しい」シリーズです(笑)
過去のネタ
  ・正しい値引きの仕方
  ・正しい施主支給のやり方
  ・正しい担当さんとのつきあい方
本当はそんな正しくもないんですけど(笑)、これを書くとその筋の方から
ありがたいコメントをいただけるので、実は本文よりコメントが正しいのです。


では早速。
「お奨めの工務店ベスト100」なんて本があったら買ってしまいそうですが(笑)、
結局そんなの100件家を建てて比較したわけでもなし、得意不得意もあるだろうし、
業者にインタビューなんて、幾らでも綺麗事を言えますしね。
参考程度にするのはいいのですが、間違ってても筆者は責任を持ってくれません。

一流シェフがカップラーメンの味にランキングつけるなんて番組がありますが、
素人の比較よりは参考になるかもしれませんね。
(でも、本当に参考になるのは、カップラーメンの開発者複数人でのランク付け
だとも思います。)

と、言うことで?、素人施主が素人の立場になって工務店を選ぶときにはどう
やって選べばよいかを考えてみます。当然、間違ってても責任は取りませんので(笑)

本職の方や家を建てた経験者の方、見てたら是非追加をお願いいたします(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。