無料レンタル





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

合板怖えぇ~!!

これは、おきらく邸上棟前に見学しに行ったお宅です。

普通上棟前に見学と言ったら、完成現場や構造見学会でしょう?
なんでこんなとこに行ったんでしょうね?自分(笑)。

でも、これを見て、南国では合板を床に使うのって怖いな~
って思いました。
以下は過去の記事の焼き直し。



上棟までの木材を待っている1週間に、棟梁、地元で床の修理を
頼まれたとのことで、その修理をしている現場におじゃましました。
「床剥いだらシロアリですごいことになってるけど、見てみる?」
みたいなノリです。(笑)
まあ、そこが田舎の良いところというか(笑)、普通では得難い経験が
出来てすごいラッキーです。


築18年目、V地域、海沿いのお宅です。棟梁が独立する前に、大工さんの
一人として手伝ったお宅だそうです。まずは写真を見てください。
(欠陥住宅ではありませんよ)
20071021_000.jpg 20071021_002.jpg 20071021_001.jpg

・フローリング合板、根太(と大引)の一部がボロボロです。(左)
 写真床の瓶にシロアリが入れてありました。(もしかして採っておいてくれた?(笑))
 ちなみにネットで見たとおり、木の赤みの部分はシロアリに喰われてません。
・構造用合板なのですが、針葉樹と広葉樹の組み合わせです。
 針葉樹の松の部分が喰われてます。(中)
・(中)と同じヤツではないのですが、構造用合板の新品です。両側と真ん中が
 松だそうです。(右)


針葉樹の合板って、普通にバリバリ使ってますよね?床、壁、野路板・・・
棟梁も、地元でも普通に使っているのを見るそうです。構造用合板が
生まれてから30有余年、これからどんどんこんな感じの補修?が増えるん
じゃないかと懸念されてました。

十数年以上前に建てた人が、こんな新築ブログを読んでいるとは思えない
ので(笑)伝える術はありませんけどね。

20071021_003.jpg

このお宅の床は、床の下地にラワンベニヤを使用し、桜の無垢フローリングを
貼ります。おきらく邸も同じ仕様です。(今日知ったけど(笑))
 ※2009年注釈:こちらから指定せず、お任せの仕様だったのです
既に、桜フローリングも準備してありました。ピンク色の良い色でした。
写真を撮ろうかと思ったけど、自分の家の分が来るまでガマン。(笑)


ラワンベニヤ(合板)は一般的な合板より、ほんのちょっと高いそうです。
そこまでしてメーカーは材料費を削っているのか、針葉樹合板の方が他に
利点があるのか・・・。
素人施主なのでそれ以上は知りませんが、暖かい地域の九州では
シロアリには要注意ですね・・・。


ちなみに、おきらく邸は床:ラワン合板、壁:ダイライトとベベルボード、
野路板:杉です。別に正解とかはありません。ご参考まで・・・。
最近は強い薬剤が使えないので、余計キビシイみたいですね。

 ※2009年注釈2:ラワンを選んだ理由を書いてませんでした(笑)
なんで、ラワンかというと、シロアリが食べにくいから。
その代わりキクイムシというのの被害を注意しないといけない
らしいですけどね。
なんと言っても、シロアリの方が危険度が高いですから。



ホントは合板が怖いのではなく、シロアリが怖いのだけど、
タイトル的にこっちが目を引くかな~なんて。(笑)


スポンサーサイト

すごいですね、築18年でこんなになってしまうのですか?ブルブルしてしまいました。やられていたのは合板で土台は大丈夫だったのでしょうか?
柱や土台の樹種は結構気にしていましたが合板まではなかなか我々素人の考えが及ばないところですよね。
基礎の構造が気になります。現在の基準法ではGLから土台までを40cm以上とすることになっていますがそのお宅はどうでしたか?
こちらも暖かいのでやばいかも?
[ 2007/10/22 09:51 ] [ 編集 ]

オーミンパパさんこんにちは。いつもブログ参考にさせてもらってます。

ベタ基礎で40cm以上はあったと思います。犬走もあったので、
従来の立ち上がり部のすぐ隣が地面の基礎よりむしろ良さそうな
感じでしたが・・・。
どこから入ってきたかはわかりませんが、推測として、
①浴室がUBではないので、その辺から
②玄関等、基礎のコンクリートと玄関モルタルの境目(の隙間)
あたりではないかとの事でした。

土台の部分まではまだ何とか被害が少なかった様なので、
時間と費用の関係で、まずは薬と合板変更で応急処置。
檜も杉も、白い部分は食われてましたよ。
(だからって赤みの部分だけには高くてとてもできませんけど!)

おっと、ここまで書くんだったら、コメントを読まない人の為に、
ブログに後日書いとこうかな(笑)。
これ以上詳しい情報はあんまりないけど。
[ 2007/10/22 12:38 ] [ 編集 ]

うちの実家もつい先日シロアリにやられました。
幸い被害は少なく、柱一本の交換をするだけで、他は一切被害なし。
どこからシロアリが入ってきたのかも分からないまま、業者さん任せでシロアリ駆除をしていました。
そんな実家の近所に建つ我が家も、建つ前からシロアリに怯えています。
[ 2007/10/22 14:38 ] [ 編集 ]

こんにちは。
マイホームおやじでございます。

シロアリ、怖いですよねぇ。
地震と一緒でいつ襲われるか分からないし対策も難しいというのが一層恐怖心をあおります。

拙宅も構造用の合板が使われていますので人ごとではないですぅ。
(^_^;)
[ 2007/10/22 15:14 ] [ 編集 ]

シロアリ怖いようi-182i-201
U建設の人には、
「建てた後に基礎がよく見えるように家の周りに物を置いたり植物を植えたりしないで、月に一度でも蟻道が出来ていないか外から基礎のチェックをするのが一番安上がりで確実な方法です」
「後は年に1回、旦那さんに小遣い渡して、床下のチェックしてもらってください」
と言われていますが、我が家の場合は夫がやってくれそうにないので私の出番かな・・・i-203
外は草むしりの時にチェック入れてます。
まだ防蟻処理の効き目が当分あるとは思いますが。
[ 2007/10/22 15:54 ] [ 編集 ]

きんたろうさんこんにちは~。
マジですか。実家、柱1本で良かったですね。早期発見、早期治療が大事ですね。i-179
業者さんによっては、仕事が粗く、後で被害に遭うことがあるようですよ。
奥さんの実家が、それでやられたそうです。
「安かったので、そっちの業者を(施主の指定で)使ったら、大変な目にあった」i-191
だそうです。


マイホームおやじさんこんにちは。
マイホームおやじさん宅の基礎は特殊なので、どうなんでしょうか?
シロアリという観点からみたらどうです?


亨珈さんコメントありがとうございます。
シロアリは木造の共通の悩みなのでか、なんだか反響が沢山あってうれしいので、
コメントの内容をパクりつつ、本日の続きを書きたいと思います。
でも、こんな細かい内容だと、文字ばっかりになって、堅苦しくなるので嫌なんです
よね~。書くの時間かかるし。
(一体何のために書いてるのでしょうか・・・深く考えてない、おきらくな自分(自問自答))i-229
[ 2007/10/22 20:45 ] [ 編集 ]

はじめまして kumaotokoと申します
楽しく読ませていただいております
ちょっと優しい訂正を(笑)

「構造用合板」とは合板の用途別の呼び名であって、材料(樹種)は関係ありません
「構造用合板」は構造部分に使われる合板の呼び名で、その他「普通合板」「コンクリート型枠用合板(コンパネ)」などがあります
ラワンでつくられた構造用合板もありますし(あまり使われないようですが)、カラマツなどの針葉樹でつくられた構造用合板もあります。

ラワンは東南アジア産の広葉樹ですが、大径木が多く節がないなど合板の材料に適していたのでこれまでよく使われてきました。
しかし、地球温暖化などの環境問題から、東南アジア各国が輸出規制を行うなどの動きがあり、ラワン合板の価格は上昇傾向にあります(最近は落ち着きましたが)
ラワン合板は主に日本で使われるため(欧米では針葉樹合板がよく使われる)、日本がバッシングされております。

そこで近年では、日本でも植林可能な針葉樹を使った針葉樹合板の生産が盛んになり、針葉樹合板が多く流通するようになってきました。
また、2×4住宅が増えてきて、需要も多くなっております。

尚、針葉樹は反りやすい、狂いやすいという性質があるため、ラワンなどの広葉樹と組み合わせた「複合合板」が多く流通しております。
この複合合板も針葉樹合板と呼ばれることが多いです。

以上 長々とすみませんでした

これからも楽しく読ませていただきマッスル
[ 2007/10/31 18:22 ] [ 編集 ]

kumaotokoさん。ご指摘ありがとうございます!
いや~こういう訂正をしてもらうと、自分の間違いが判って、ブログ書く甲斐があるというものですね。


たしかどこかのサイトで見たんですけど、JAS規格で決められてる一般的なもの(組み合わせ)ということでの構造用合板とだけ書きました。樹種は使われている物を各自調べていただくしかないですね。
仰るとおり、合板とかベニヤとか筋交いとかは、作り方であって、材料は決まってないんですよね~。


しかし、欧州は針葉樹が多いんですか?シロアリいないのかな!!?
奴らは確実に針葉樹の方が好きみたいですよ。広葉樹と針葉樹の組み合わせだと、針葉樹(の白味)ばっかり食ってますから。

こちらは南国九州なので、シロアリがかなり怖いもので・・・(^^;
[ 2007/10/31 18:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://laserdiode.blog100.fc2.com/tb.php/194-f358e5d0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。