無料レンタル





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うわぬり(必見!)

 恥の上塗りの様な気がします素人レポートですが(笑)、仕上げは漆喰
お願いしてます。
 なので漆喰のお話しを聞きました。ホントは沢山お話しをしていただいた
のですが、ちょっと理解が怪しいので、大丈夫そうな部分だけ。

ちなみに「粗塗り」、「中塗り」にも同様の記事があります。

20080329B012.jpg
↑鉄柱みたいなつるつるの表面(笑)。風景が写ってます。




○上塗り

 山川さんはご自宅で漆喰を材料から混ぜて作っていらっしゃいます。
 消石灰、ぎんなん藻(のりです。)、スサ(藁スサかな?)などが材料です。
 土や砂も有りました。品質にかなりのこだわりがありそうです。
 土なども、ふるいにかけて、粒の大きさを揃えてらっしゃると(以前棟梁に)
 聞きました。土は京都の土らしいです。

 漆喰・・・既製品と、どう違うかというと、既製品は塗りやすく作って
 あるんだそうです。
 「作業はし易いかもしれないけど、果たして壁のために良いのか・・・」
 ということです。
 例えば、どこが違うかというと、スサの量が違うんだそうです(既製品は
 少ない)。その分、石ころ、たんかるを増やすとのこと。
  たんかる?(炭酸カルシウム?)

 例えば漆喰20kgに対して、スサを300gも入れたらもう塗りにくいんだそう
 です。で、山川さんはどれだけ入れてるんですか?と尋ねたら、「600g」
 とのこと。それは・・・塗りにくそうですね(汗)。
 よくわかりませんが、素人が体験!みたいなことでは手に負えなさそう
 です(笑)。

 また、のりですが、化学のりだと、乾燥後も成分が残ってしまうので、水分が
 常に付着したりする場所だと、最悪カビになったりする可能性が残るとのこと。
 漆喰でカビたら、かなりショックですよね。
 (強アルカリじゃなかったのかよー!

 その点、ぎんなん藻などは、壁が乾いたらほぼ消えてしまうそうです。
 固まった後は悪さはしないとのこと。(ホントかどうかは有識者に任せます)


 また、漆喰は作ってすぐ使うのではなく、しばらく寝かせるのだそうです。
 理由は、スサが柔らかくなるのを待つとのこと。漆喰はCO2で固まるので、
 空気に触れさせないならずっと固まらないそうで。
 よって、ある期間以上は置いておくのだそうです。土佐漆喰とかは、
 置きすぎると今度は藁スサの繊維が小さくなりすぎて消えていっちゃうの
 だそうで、半年あたりがベストだとか。
20080329_007.jpg

 1,2ヶ月で完成する現在の住宅事情から考えると、扱いが難しいですね。





 本格的な泥壁とかの土は、発酵させて2年寝かせたりするそうです。
 まあ、城とか建てない限り、その辺は関係ないでしょうか(笑)。

 のりの量も、季節によって変化させているそうです。夏は多く冬は少なく。
 乾燥のスピードで変化させてるのですね。
 例えば、200,500,700,1kgとか、そんな感じで使い分けるとのこと。


 匠の世界では「土のソムリエ」でなくても、それくらいの調整は当たり前
 なんでしょうね。
 (ちなみに、その辺の方達ともお知り合いみたいでしたよ。)

動画でどうぞ。






コテで抑える回数(つまり手間)で、表面のツルツル具合が変わるそうです。
↓はまだ十分の一くらいの実力しか発揮してないとか(笑)。これ以上は次第(笑)
20080329B011.jpg信号の明かりが映り込んでます。

もう少し画像を追加でupしてます


FC2ブログランキング banner_04←良かったらふたつ押してください。

スポンサーサイト

これって手入れはいらないの?
[ 2008/03/30 14:24 ] [ 編集 ]

★mocoさん
そういえば手入れは聞いてませんでした。
でも、ネットで見る限り特に必要なさそうですね。
ペンキと違って色が落ちてくることも無いですし。

汚れは以前、(棟梁が)山川さんの他の現場で話したときは、
「俺の壁は水かけて洗って大丈夫」みたいなことを
仰って、バケツの水をぶっかけて見せてくれたそうです。
(外壁ですので)

手入れも完成するまでには聞いておきますね。
[ 2008/03/30 20:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://laserdiode.blog100.fc2.com/tb.php/354-00b00b23


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。