無料レンタル





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

え?設計士が設計するんじゃないの!?

手刻み当然、銘木も選び放題のお金持ちは見なくて良いです。
そんなあなたは心配しなくて大丈夫(笑)。

以前、材木屋さんでお話を聞いたのですが、
「今はプレカットに注文出すときは、平面図立面図だけで伏図は要らないんだよ(笑)」
ということでした。(呆れ口調でです。)






平面図、立面図から、プレカット業者の方が床伏図、小屋伏図等を作成する
そうです。ネットで調べたら、そういうとこは、その作成した伏図を発注者(設計士?)
が確認(承認)するシステムになってるみたいです。

ちなみにプレカット業者に設計する人がいるのかというと、そう言うわけではなく・・・
間取り図から、自動的にPCのソフトで伏図が出来上がるのです!
しかも構造計算も出来た状態で!(笑)
(むしろ下手な人間に任せるよりマシっちゅう話は置いといてw)

・・・これって、設計者は半分プレカット業者じゃん。マジで?マジなんですか?
(もちろんそうではない場合も多々あります!)


業界では常識? しかし・・・この業界に疎い素人さん(私)は衝撃を受けました。
だって、設計士さんに「強度は大丈夫なんですか?」と聞いて、「大丈夫です」と
言われても、実際自分で計算していないという事もあり得るんですよね?
(そんな設計士がどれだけいるかは知りません。異常に設計をこなす数が多い
設計士さんとかが怪しい? 割と大きいHMや工務店とか)


棟梁はその話をしていて、
「業者に設計を任せると言うことは、自分の仕事に責任が持てないということ」
「そんなんじゃ良い家は建たない!」と超力説です。(笑)
(じゃあ棟梁は強度計算しているかというと、設計士さんがしてるんですが・・・w)

そんな棟梁は、(私が書いた)間取り図で設計士さんが床伏図、小屋伏図等を作成、
その伏図に更に手を加えて自分が刻めるように修正しています。
手刻みの場合はこれでそのまま図面が出来上がりです。
(最終図面は設計士さんが作成しますが)

おきらく邸の場合、ローコストでお願いしちゃった(せざるを得なかった)ので、
強度は上げつつ、値段はあまり上がらない(笑)方法で検討してもらいました。
いつもされてる修正は、なるべく木を接がずにすますというのと、木の反り(暴れ)を
抑える構造にという修正のようです。

例えば梁の部分…
え?設計士が設計するんじゃないの!?001
こんな感じに1本余分に入ってます。プレカット業者さんの話だと、強度的には
無くても問題ないそうです。(実際、コスト下げたいなら勿体ない使い方だと。)
でも、過剰で費用が余計にかかるだけかもしれませんが、いいのです。(笑)

出来たのがこちら。
え?設計士が設計するんじゃないの!?002
余所のローコストな住宅の見せ梁ならば、横の長い梁だけが見えてると思います。


プレカット業者さんや工務店の立場だと、なるべく木材を減らした方が、材料費を
削減できて、儲けが増えますよね?
その立場の人が設け優先で設計したら・・・?((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

こだわりまくった注文住宅ならばこの可能性は低いです。心配要らないでしょう。
でもローコスト系HMや工務店、建売住宅なんかは・・・・どうなんでしょ?


現状の規格をギリギリ、またはちょっとの余裕でクリアしていたとしても、
何かあったら基準自体が変わる可能性が有るんでしょう?
サイディングの厚みが14mm以上になったのだってそういう理由だとおもうし。
9mmとか12mmとかのサイディング使っちゃってる人は不安になりますよね。
外壁ならまだ何とかなりますが、構造は出来てから修正は大変ですよ。
スポンサーサイト

私は工務店勤務で、住宅設計を担当しています。(年間約100棟)
全棟、構造材は修成材でプレカットです。頼んでいるプレカット屋には設計士はいません。こちらで構造計算(ソフト名ストラデザイン)したものをメールし依頼しています。(プレカット屋にもソフトを買わせました。)
[ 2009/05/04 08:21 ] [ 編集 ]

ワンダースリーさんへ

ワンダースリーさん初めまして!

年間100棟はすごいですね!
集成材でプレカットというのは、よく本格的家作りからすると、よく
批判の対象になりますけど、効率を追求していって、今の顧客の
ニーズを叶えていこうとすると、それも一つの有効な手段なのかと
思いますねー。
現状の施主の知識不足、勉強不足は相当なんでしょうからね。

ソフト名を教えていただきありがとうございます!
しかし、ストラデザイン・・・安いです!思ったよりかなり。
耐震計算のオプションを除けば、設計士に数回頼むのを省略する
だけで元が取れそうですね。
安いと言うことは、それだけ広まってるという事なんでしょうね。

大変参考になりました。ありがとうございます!
[ 2009/05/04 14:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://laserdiode.blog100.fc2.com/tb.php/409-edd8578c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。