無料レンタル





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

こだわりの開口部

基礎パッキン工法って言うのでしょうか?基礎屋さんにとってはやりやすそう。
開口部がないので、立ち上がり部分が均一に出来るのではないでしょうか。
それこそ、昨日UPしたこの部分だけで出来ちゃうんですかね。
やりすぎ配筋002

…採用しませんでしたけど(笑)

↓2つまとめてまとめて応援!
FC2ブログランキング banner_04





基礎なんですが、「全面基礎パッキン」は採用しませんでした。
最近展示場に行くと全面基礎パッキンが多いのですが、
棟梁は20年、30年後の実績がないので、使いたくないとのこと。

自分も樹脂製の物を「交換できないような部分」に使うのは非常に気になります。
(正確にはジャッキアップすれば交換できるけど、しませんよね。)
湿度、温度、紫外線等の条件で劣化してもおかしくないですし、30年は保つ
けど、50年はどうかとか、保証は無いですしね。 誰にもわかりません。

ちょうど、ウッドデッキの足に樹脂製のパッキンを使ったのですが、金具を
取り付けるために削ったところ、中はこのように巣が沢山できてました。
こだわりの開口部005
これって、どうでしょうか?モールドのコントロールできてるのかなぁ?
(もちろん全部のメーカーがそうとは限りませんけど)


あと、シロアリ駆除の業者の話では「全面基礎パッキンの方が、潜って作業
している時に、風の通りが良くない」という事だそうです。 (棟梁からの伝聞)
ただ、これは、同じ場所・間取りの事ではないし、どれだけのサンプル数か
わからないので、確かめようがありません。
まあ、気流解析のシミュレーターがあれば確認出来るんですけどね。
(会社に有るからって仕事中に解析しちゃダメですよ(笑))

田舎だと、パッキンの部分に蜘蛛の巣が張ってたり、葉っぱなどがくっついて
目詰まりしている
ことも有るそうです。大掃除の時にはそこも確認した方が
良さそうですね。


と、いうことで?棟梁は普通に開口部を設ける方法を採用しています。
ただし、通常の凹型の開口ではなく、回型になるように、開口部の上部にも
コンクリートがまわるようにして、更に開口部のまわりをぐるっと鉄筋で
補強しているそうです。
そうすることで、通常の凹よりも外側に開かないようにして、クラックが
入りにくい構造にするそうです。
こだわりの開口部003 こだわりの開口部001 こだわりの開口部002

こだわりの開口部004
えーと、図の通りなのですが、引っ張り方向に力が集中しないようにこの
配筋と開口位置になっています。
開口部の上に100mm厚のコンクリートが来るようになっています。
勿論その部分には柱は来ませんので、主に引っ張り方向にしか力は
かかりません。

問題点としては、図に書いてあるとおり、開口位置が若干下になるので
通気性の問題があると思います。
おきらく邸は道路より1m程高い位置にあるので、まぁ問題ないかな~と。

もう一つの難点は、開口部の配筋を綺麗に収めないとかぶり厚が取れない
のではないかという点。D13の鉄筋を2重までは良いのですが、3重になると
3.9cm。両端から6cmのかぶり厚をとりたいなら、ど真ん中でも16cmの厚み
が必要になってしまいます。
基礎の厚みも大きくなれば値段も高くなります。最低では12cmですが、
その場合、かぶり厚4cmを確保するのも大変です。
基礎屋さんの腕が非常に重要です。


基礎パッキンにするならば、そんな事考えることもなくなるのでしょうが、
どうもパッキンは耐久性に不安が残ります。
プラ、樹脂は紫外線と温度サイクルと湿気、そのあたりの複合での加速試験で
信頼性が確保されているのでしょうか。(されているんでしょうけど)
金属は変形しやすいし、熱にも弱い(比較的)、石パッキンは衝撃に弱そう。
次に家を建てるときには考えても良いけど、今はまだいいや・・・という気持ちです。


30年は問題ないとしても、その後のリフォームはパッキン交換となると、
大々的なものにならざるを得ない感じですし。
ホントの所はどうなのかは、詳しくないんですけどね、
建材に限らず一般的に、問題あるのを指摘するのは1つのデータでいいけど、
大丈夫なのを証明するのは、ものすごくデータが必要で大変ですし。

ということで、こだわりの開口部でした。

鉄筋の太さも密集度も補強バージョンなので、鉄の価格の高い昨今、基礎の
料金も若干割高になりました。D10⇒D13の変更で、 おきらく邸の大きさで
約10万円の違いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://laserdiode.blog100.fc2.com/tb.php/419-28eeeec5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。