無料レンタル





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

修正してやるっ!

配筋をしたところで間違いを発見しました。
基礎伏図と床伏図で、基礎立ち上がりと土台の位置がずれている
所がありました。これは図面の方が間違えていて、その通りに
配筋したから。
立ち上がり部分なので、固定してる針金を外して修正してもらいました。
修正してやるっ!013
最悪間違ったままでも束が来れば大丈夫なのかもしれませんが、
気づいちゃったので。(固める前なので手間もかからず)




結局一度もコンクリートを流し込むところは見ることが出来ませんでした。
修正してやるっ!000 修正してやるっ!001 修正してやるっ!002
                               右:基礎と擁壁が合体しました。

水を途中でつぎ足したり、攪拌不十分だったりしないかとか、
ジェンガ・・・ではなくて、ジャンカでしたっけ?になってないかとか。
レイタンス処理はしてるのかどうかとか・・・
インターネットで頭でっかちになってましたが、とりあえず大丈夫そうです。
レイタンス処理はしたかどうか微妙ですが。
(棟梁は、ノロと呼んでて、普通はやってもらってると言ってましたが、
今回はどうだったのでしょうか?目が届かず確認できず。やってなさそう)

あと、コールドジョイントっていう言葉もあります。今回は関係なかった
みたいですけど。

簡単に(乱暴に)説明すると
ジャンカ:セメントと砂利が分離して強度が脆くなっている状態
レイタンス:コンクリートから浮いてくる不純物(アクみたいなものらしい)
コールドジョイント:時間を空けて何回かにわけてコンクリートを流し込んだ場合、
           コンクリート間で隙間が空いてしまうこと。
ジェンガ:バランスゲーム(笑)


詳しくはそれぞれ検索してみてください。

以上が朝の状況で、夜には型枠が付けられており・・・月明かりで確認すると
修正してやるっ!004
これは偏っているのではなく、厚み15cmの基礎に12cmの土台なので、外側に
合わせてオフセットしてるもの。(でも1cmくらい壁に近いですけど)

修正してやるっ!005
墨の跡が2本見えますが、この位置で大丈夫なのでしょうか?
下側に妙に寄ってませんか?ていうか、あんまりだろ。


・・・ということで、棟梁⇒基礎屋さん夜電話して、翌朝確認⇒修正しました。
修正してやるっ!008

修正後
修正してやるっ!007 修正してやるっ!009
かぶり厚さ・・・何とか確保。
どこかで見たんですが、建築基準法では、耐力壁や柱、梁のかぶり厚さは4cm以上、
スラブは3cm以上だとか。
また、コンクリートは10年で1cmくらいのペースで中性化するとか見たような。
(条件次第でしょうけど)


修正してやるっ!010
一カ所、かぶり厚がとれなかったところがありますが、ここは玄関で、
あとでモルタルで埋まるから、もうこれでいきました。
(開口部の斜めの鉄筋がはみ出てたんです。)


修正してやるっ!011
ホールダウン用アンカーが付けられてました。
平屋だし、計算上は必ずしも付ける必要は無いのですが、5カ所についてます。
本当は、隅っこだけではなく、途中にも付けた方が良い(通し柱とか?)と、
どこかで読んだのですが、どれだけのメーカーがそうしているのか。


あとは立ち上がりのコンクリートを流すだけ・・・あれ?
アンカーボルトは!?

アンカーボルトはあのやりかたです。そんなおきらく邸に応援クリック。
FC2ブログランキング banner_04




スポンサーサイト

りニューアル後でも、間取りの考え方とかコンセントの話とか、ものすごく勉強になってます(^_^.)
いやー、ほんとに、「手直し」前の記事も読みたかったなぁ~。
[ 2008/06/06 23:41 ] [ 編集 ]

La Merさんこんにちは。
手直し前の内容を集約した物を今後も書いていくので、
良かったらまた見てくださいね!

[ 2008/06/07 00:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://laserdiode.blog100.fc2.com/tb.php/420-e67fbbe3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。