無料レンタル





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フローリング

本日はフローリングを貼る作業をご紹介。
「根太さえキチッと設置したら、合板とフローリングはちょっと気の利いた
素人でも出来る」との棟梁のコメントがありましたが、果たしてどんな作業?




前回の写真。縁側のフローリングを貼っている途中を撮影。
フローリング007 フローリング008

隣の部屋に、板を並べて、その手前にカットする機械を置いて作業。
フローリング009


この時は、作業している大工さんともあまり話したことがなかったので、
邪魔しちゃ悪いと思いつつ、後ろでバシバシ写真を撮ってました(笑)。
(後になったらすっかりうち解けて(笑)、撮影に協力してもらってたけど)

寸法測って、手前の作業台でフローリングをカットしたあと、
接着剤塗って、コンコンと板をはめていかれてます。
フローリング003 フローリング002
なんだか木片の様なものでたたいてます。(って、木片ですね。)


その後、鉄砲でステープル止めです。
フローリング001 フローリング000


ステープルはこれ。
フローリング004 フローリング006
この足先の緑色のところは、特殊接着剤らしいです。
箱に書いてあったの読んだだけですけどね(笑)

あと、縁側の写真に「フロアーネイル」という箱が見えますね。
どこに使っているのでしょうか?


ステープルはこんな感じで止まってるようです。
合板003 フローリング012
ビスと同じ間隔で30cmのようですね。ここで、施工方法を調べたら、

  長さ38mm~45mm(捨て貼り下がコンクリート下地の場合は25mm~32mm程度)の
  釘またはステープルを雄サネの上面入隅部に45°の角度で横300mm以下の間隔に
  打ち込みます。
  フローリングの幅が200mm以上のときは短辺にも釘またはステープルを打ち込みます。
  この時に釘またはステープルの頭が入り隅から突き出ないようにして下さい。


と、ありました。ということで普通(笑)。
でも、この位置って、間違いなく下の根太部分に当たっているので、
38mm分は合板だけでなく、根太にも確実に固定されているはずですね。




あと、写真に見えると思いますが、フローリングの接着は棟梁の場合、
フローリング用のボンドではなく、普通のボンドです。
フローリング005


どうして専用ボンドじゃないのか疑問に思い、聞いたのですが、専用の
ボンドは他の所にうっかり付いたら、シンナーでもとれないらしいです。
扱いが厄介だと。

普通のボンド(酢酸ビニル樹脂系エマルジョン=木工ボンド)だと、
キチンと圧力がかからないと着かない。水分に弱い、床鳴りがするようになる。
とかってネットで書いてあります。

棟梁の考えだと、それは、うねっているパネルや根太に、無理矢理
フローリングを接着させるため、強力なボンドが必要なのであって、
棟梁の現場ではその専用ボンドは必要ない・・・との判断だそうです。
実際、床鳴りのクレームは今まで無いそうです。(シロアリや腐朽はさておき)

たいていフローリングを購入するときに専用ボンドも薦められるそうですが、
断るそうです。(なんだか「ご一緒にポテトもいかがですか~」を連想(笑))


その判断が正しいかどうかはともかく、仕事の一つ一つに根拠があって、
こだわって作業されているのだな~と思いました。
決して高い材料や過剰な手間だけを追い求めている訳でもないんですね。
(現状無問題ですが、判断が正しいかの結果は20年後くらいに判明か!?)




フローリング011 フローリング013

玄関框とフローリングは、框の方に溝を掘って、このようにバッチリ接合。
左下側が框のタモ。右上はフローリングの桜です。


↓良かったら2つ押して応援お願いします!
FC2ブログランキング banner_04





スポンサーサイト

こんばんは^^
うちは現場で使い分けてます。
ムク材の床板ではつけないほうが床鳴りがしないとかいったりします。
いろいろな大工さんでこだわりがあるんですよね。
棟梁の現場では強力なボンドは必要ないでしょうw
こだわっていますもんね。
[ 2008/08/19 19:58 ] [ 編集 ]

TIKIさんこんばんは!

現場によって使い分けたりもするんですね。状況により臨機応変に対応と
いうことでしょうか。
ボンド付けない方が床鳴りしないこともあるんですかね・・・。なるほど。

強力なボンドに頼った貼り付け方の場合、ボンドが劣化したときにどうなるかを
考えると微妙な気持ちになりますね。
(でもそれを言ったら集成材は使えなくなってしまいますね。)
[ 2008/08/19 20:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://laserdiode.blog100.fc2.com/tb.php/464-ef574c32


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。