無料レンタル





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ソーラー発電は得かどうか

ソーラー発電(太陽光発電)、いいですよね~。
地球に優しい感じです。でも、財布に優しいかどうかも重要ですよね!

おきらく邸は導入しませんでしたのですが、本当の細かい考察が知りたい方は、
ちょうど、いいサイトがありますよ。





こちらです。
たかさん「おひさまハイムでエコエコ生活日記
こちらに適うブログは無いでしょう。最強です。


そこまで具体的に考える前に、どうしようか漠然と迷ってる人たちは
下へ読み進んでください(笑)。

仕組みの説明はメーカーのHPなどにお任せするとして、ぶっちゃけ得なの
どうなの?という所をここでは考えます。
そんでもって、自分の家の条件限定で書いても、あまり参考には
ならないでしょうし、面倒なので(笑)、大まかで一般的な話を。



まず、いくらくらいかかるか。 ネットでサラッと調べた感じでは・・・

 ・一般的には4.01kw.の発電容量が多く採用されているそうです。
 ・取り付けはざっくり発電容量1kw.あたり・40万前後だそうで。
    →初期設置費用150~200万円くらいですね。
 ・メンテナンス費用、10年ごと約4~5万円(変換器交換?)
 ・台風などの場合、最悪破損で交換
    →これは保険で対応ということで費用に入れないとします。
 ・助成金が地方によって有ったりするようですね。(数万円程度)
    →エコキュートの様な全国的なヤツは無いみたいです。


以上から、簡単に考えてメンテナンス費用と助成金を相殺して、
初期費用を160万円と考えるとしましょう。

で、電気代ですが、オール電化でエコキュート採用なら・・・いくら
くらいですかね?平均して月に1.2万円程度としましょうか。
(注:暖房に激しく費用がかかる寒い地域にはオール電化は不向き)

それ以上かかる場合は、初期の投資もその分かかるので、ざっくり考えます。
上記で、昼夜、季節を平均化してプラマイゼロで電気代0円と考えます。
(電気をいくらで電力会社が購入しているのか知りませんけど。)


さて、ここで、元を取るのにどれくらいかかるのか?ですね。
上記で紹介したたかさんのブログで聞いたような気がするのですが、
メーカーや電力会社は○○年で元が取れますという宣伝はしていない
そうですね。
電気を買う価格が将来ずっと一定とは限らないからとか。なるほど。


まあ、それはともかく、簡単に計算してみますか。
 160万円÷1.2万円=約133ヶ月=11年
ふむ。11年で元が取れるのか。それだったら割とメリットがありますね。
・・・いや、ちょっと待ってください!

我々貧乏人は、ローンを組みますよね。その場合は費用は160万円でも
支払額はそうではありません。フラット35で金利2.7%としてみたら・・・
 160万円⇒247.5万円!
247.5万だと、17.2年となります。
17年・・・微妙!17年後の発電システムが、新品同様の働きをしているかも
疑問ですし(効率落ちないか?)、これはちょっとどうか?

ネットで検索したページでの試算では11年ではなく15年程度でした。
きっとローンで考えると20年以上は確実です。
(太陽光発電 損益分岐点で検索してみてください。)

銀行とかのローン特約、優遇制度で、住宅ローンの中で、自然発電システムに
かかる費用だけは金利0%とかやってくれませんかね。
そしたらもっと普及率が上がると思いますけどね~。
・・・いや、現状でも、損得勘定の時に普通ローンの事まで計算に入れずに
メーカーが薦めているなら、普及率は変わらないですかね(汗)。


それと、最近政府の発表で太陽光発電に対する補助政策を復活させ、
技術開発と需要拡大で3~5年で価格を半分にすることを閣議決定したとか
なんとか。
3年後に価格半分となるためには、現段階ですでに技術は確立してて、
量産体制を構築したりする段階にないと難しいと思うんですがどうなんでしょうか?
そして、いきなり半額にしたら、メーカーの投資回収ができないのではないでしょうか?

・・・まあ、今すぐ採用するのは損得勘定で言うとあまり得策ではないようです。
ただ、資金に若干余裕があり、火力発電量を少しでも減らしたい人は
是非採用されてはどうでしょうか。
私も余裕があれば採用したかったクチです。


いずれにしろ、このネタは結構あちこちで書かれていると思うので
この辺にしようと思います。
大抵、採用した人は、「満足だ」という記事しか書かないのですが、中には
たかさんの様に冷静に客観的に分析されている方もいらっしゃると思いますので。


あ、停電の時に電気使えるってのは、ほんとにちょびっとの電気だけらしい
ですね。それじゃー意味ねえよ!ってくらいの。
だから、「地震が来て電気が止まっても、ウチだけはオール電化だし普通に
暮らせるぜ」とか思ってたら、それは大間違いですので。

もう一つ。瓦の代わりにパネルを載せる(パネルが瓦の役目になる)工法だと、
もっと相対的に初期費用が抑えられると思います。瓦代金が浮くから。
(でも、その場合は、何かの補助だか保険だかの対象にならないとか見ましたけど・・・)


実際、おきらく邸の電気・設備工事をしていただいた汐田電設の汐田さんの
お話しだと、補助金が出ていた時には、かなりの数量の取り付けをされてた
(メーカーの下請け工事をされていたらしいので)そうなのですが、補助が
無くなったとたん。ぱったりと工事が減ったそうです。
(まだまだ頑張ってるのはハイムくらいらしいです。)
どんな工事をしてるのかは、汐田電設さんのHPにも書いてありますので、
参考に見てみてください。(左にリンク貼ってます)


ウチも、安くなったら考えようかな・・・そのときお金持ってたら。(笑)

先ほどちょっと検索したら、面白そうなサイトを見つけました。
我が家のオール電化&太陽光発電
騙される前にここを読んで欲しいところですが、騙されるような人ほど、
(おいらのブログ含めて)
こういう細かいブログやサイトは読まないんですよね(笑)


P.S.
 適当な考察なので正しく検討したい人はもっとキチンと調べてください(笑)。

スポンサーサイト

ありがとうございます

ご無沙汰しております。
久しぶりに来てみればなにやら「最強」だなんて言葉をいただいていたみたいで恐縮です。

太陽光発電が損か得かという話だと、現時点では損する確率が若干高いように思います。
いずれにしても今後の買取単価が不確定ですのであくまでも参考にしかなりませんし。

太陽光発電を設置して一番メリットに感じたことは、節電意識が大幅に高まったことです。
日々の消費電力量がモニターで確認できるのでどうすればどれぐらい省エネかなんてのも確認しやすいです。
発電量はお天気任せでどうしようもないですが、使用量は自分たちでコントロールできますから。

元が取れるかどうかを考えるのは、毎月の電気代がどれだけ減るかを見るのではなく、何kWh発電してくれるのかということとそれが何円分の価値(売った場合と自家消費して買わずに済む場合)があるのかということを考えるとより正確だと思いますよ。
[ 2008/08/20 15:22 ] [ 編集 ]

たかさんへ

たかさんへ

たかさんこんにちは。

たかさんのブログのように、定量的にデータを取って、それをまとめて
グラフにしているところはあまりありませんよね。
興味本位で見ただけでは圧倒される内容だと思います(笑)。

日々の消費電力をモニタすると言うのは、毎日体重計に乗ってダイエット
するのと同じような感覚なのかもしれませんね(^^;

発電量はよほどのことがない限り10年20年とあまり変わらないだろうから
先が見えますが、その価値(金額)となると、先のことは誰にもわかりませんね…。
難しいものです。
[ 2008/08/20 17:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://laserdiode.blog100.fc2.com/tb.php/467-12841a6f


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。