無料レンタル





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

左官さん登場

ついに左官さん登場です!!

こちらの左官さんも、仕事にものすごいこだわりを持った職人さんです。
モルタル塗り壁予定のお宅は参考にしちゃって下さい。
(これが正しいと言っているわけではなく、参考までに見ておいてね)




本格的な塗り壁のお宅とはちょっと違うのかも知れませんが、ホンモノを
見たことがありませんので(笑)。
でも、費用をあまりかけない、フツーの工務店のモルタル壁の場合とは
だいたい同じ思います。

まず、墨だしを行われてました。壁の厚みを均一にする為でしょうか。
多少は厚塗りになるので、ビシッと決めてないと、でこぼこになりそうですし。
左官登場000

そして、まずは壁の下の方にこれが設置されました。
左官登場002:なんて言うヤツなんでしょうね?


次に、フェルトを巻き付けるんですが、使用前のフェルトはここに。
左官登場003
モルタルを塗るので、防水シートを壁に貼るのだそうです。
サイディングとかだったら、防水、透湿シートとかになるんですよね。
タイベックというシートのページを見てたら、「モルタル直塗りはお避け下さい。」
・・・って書いてあったので、やっぱりフェルトとかなんでしょう。

ちなみに、フェルトの下のはラスモルタル網です。
左官登場004
波形をしてるでしょう?モルタル下地の厚みを出すためにはこの形が
重要とのことでした。




次の日に見たときには既にフェルトは全面に貼ってあり、ラス網を固定している
所でした。

ラスの張り方、固定の仕方の丁寧さに棟梁も感心してました。
左官登場005
写真圧縮するとこうなっちゃうんですが、見えますかね?
柱と間柱のところに墨が打ってあります(フェルトにある白い線)。

ここだけ、ステープルが一回り大きい物が使用されて、柱とラス網を固定されて
ました。
左官登場006 左官登場010
白い方が足長25mm、赤い箱の方が足長19mmです。
白い箱の足長25mmの方が、柱の所に使ってるヤツみたいです。

左官登場008
こんな感じで止めてありました。10cm以下の間隔です。

室内側から見るとこんな感じに。6,7mmはみ出ますからねぇ。
左官登場012

間柱のところの足長25mmが、ずれて打ち直してあるところがありました。
ちょうどこれで、飛び出した足の長さの違いがわかると思います。
左官登場013

作業も、力任せに鉄砲でめり込ませるのではなく、丁寧な作業でした。
左官登場007 左官登場011
鉄砲でパシパシとめた後に、コンコンと金槌で仕上げをされてました。
(棟梁の話だと、写真は左官さんの息子さんとのことです。)


左官登場009 左官登場001
南側の下がり壁、当初右のように、下に凸の形状をしていたのですが、
これを普通に塗り壁ですると、かなり面倒な作業になるそうです。
「やろうと思えば出来るけど、それなら20万くらい追加しないと、割に合わないくらい
手間がかかるし、そこまでしてこの形状にする必要は無いんでしょ?」
ということだったので、棟梁が木材取ったそうです。

棟梁がその形にしていたのは、どこか余所の家で見たからだそうですが、
左官さんの話だと、パテ+ペンキならこの形状も簡単らしいとのことです。
漆喰じゃなくて、白ペンキ(ジョリパットとかも)だったんじゃない?と。

ここもホントは、予算と時間が許せば(玄関のように)アーチを付けたかったん
ですけどね。



次の日確認。ある程度貼られた後。
左官登場014

軒天に墨だしをした跡がありました。

左官登場017 左官登場018
凹凸コーナー部分の補強は、このようになってました。
凸の部分のカドは、この上に更に補強が入ります。

雑な左官屋さんだと、この部分は平ラスを折り曲げて、コーナーじゃない部分も
合わせて、ぐる~っとまいておしまいだそうです。でも平ラスは本来は内装用・・・。


独立基礎があった、外の柱の部分も、
左官登場014 左官登場015
こんな感じに丁寧に巻かれています。
ちなみにこの水糸は何の為?と思って、棟梁に聞いたところ、
コーナー部分は補強の材料を使うと聞いたので、その位置出しだろうと。
漆喰用の白いものは熊本には無いので取り寄せている最中だったとか。
左官登場019:右側のヤツです
ニューツーウェーコーナー定木


ということで、クリックお願いしますm(_ _)m
FC2ブログランキング banner_04

スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://laserdiode.blog100.fc2.com/tb.php/527-2744535b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。