無料レンタル





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

室内壁チラ見せ

最近(夏以降)見始めた人は見たことがないでしょうか・・・。
出来上がりのちょい前の室内塗り壁を紹介。
(これもある意味Web内覧会?)

廊下は一昨日お見せしましたよね。
室内壁016 室内壁017
次はリビングをすこし。




リビングです。
室内壁005
腰壁板が低く見えるでしょう?でも1mはあるんですよー。

天井の高さが、梁の下の部分で2700くらい。天井板の部分で
2950mmくらいの高さなんです。(普通の天井は2400mmくらい)
なので、相対的に腰板が低く見えちゃうという・・・。


室内壁003
天井はこんな感じです。
真ん中に通ってる梁?が、普通はあんまり見ないと思います。
ここ、設計士さんが最初に描いた小屋組図に、棟梁が指定して追加
したところです。ここで、木材が暴れるのを多少改善させてるそうです。


子供部屋の天井も出来上がってます。
室内壁001
こちらも同じく天井は珪藻土ちょっと配合の漆喰壁です。


そして畳部屋からリビングを覗いた方向。
室内壁000
写真サイズ、これだけ少し大きめにしてみました。

押入の中とかも見えますね。
棟梁が、
「押入の中の材料や手間のかけ方でそのビルダーの姿勢が分かる」
って仰ってました。

収納とかは、普段見えないところなので、ここに安~い材料や、雑~なピン止め、
接着とかしてたりするところは、要注意だそうです。

だからって、こちらのようにする必要もなさそうです。
「材料あったから使ったけど、ちょっと勿体なかったw」って言われてたのでw
(押入に無節10mm厚の無垢板を使う必要はないですよねw)



こちらは子供部屋の天井
室内壁020

そしてこっちが和室(畳部屋)の天井です。
室内壁021

ブツブツしてるのは、「リシン吹きつけ」じゃ無いですよ(笑)
石灰石のつぶつぶを混ぜて塗ってあるそうです。すべてコテ塗りです。

税金のやつで、家屋調査に来た市の人たちは、廊下、子供部屋と見てて、
天井はクロスと思ってたみたいです。
そして、和室で塗り壁だと気づいて、戻って確認したら全部塗り壁だったと(笑)。
(もちろん申請図面見たら全部書いてありますけどね)


ふーん。それがどうかした?と思った人も。クリックお願いしますm(_ _)m
FC2ブログランキング banner_04






スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://laserdiode.blog100.fc2.com/tb.php/555-7c487e63


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。