無料レンタル





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ソーラーサーキット

展示場見学シリーズその2

・・・の前に、展示場の住宅はどれも40坪以上の2階建てなのに、
なんで階段が狭く感じるんでしょうか?(すぐ慣れるだろうけど)
いや、階段自体は標準の幅(910mm)ですけどね。贅沢な広さ
の家でも、階段幅が広いところはあまり無いのかな?

さて。この展示場では、ソーラーサーキットのお宅は無かったの
ですが、普段SC工法を建ててる工務店さんはいらっしゃいました。
「アーデルハウス」さんです。

では、どうして展示場(建売)は普通の充填断熱か?
・・・やはり、価格の問題(周りの住宅との価格差)みたいです。
(もしかしたら工期の問題もあったのかも知れませんね)



延床42坪、建物価格約2,650万(外構まで込み)です。

もし、この展示場をSC工法で建てるとしたら、どれくらい価格が
UPするのかを聞いたんですが、およそ400万くらいではないか
とのことでした。

個人的には400万UPした価格でもSC工法の方が売れそうな
気がするのですけどねぇ・・・。大手HMはそれ以上の価格です。
パッと見では、個性的では無くなってしまってます。
(あ、地下収納(蔵みたいな高さ制限があるやつ)があったので、
そこは個性的だったかも。)


家の中のあちこちに"「いい家」が欲しい。"と"さらに「いい家」を
求めて"が置いてありました(笑)
さらに、モデルが置いてあって、そのモデルでSC工法の説明を
していただきました。

「建てるつもりはないけど教えて」と営業さんにお願いしたん
ですが、大変丁寧に説明していただきました。
すごく好感を持ちましたよ。いい人でした。


SCの基礎断熱、シロアリ対策のメッシュ、カネカの断熱材、
二重の垂木、外断熱、二重通気工法で、その辺は本の通りです。


こちらのアーデルハウスさんは、大工さん11名で建てられており、
(SC工法の)技術の管理がキチンとされているのだそうです。
いたずらに着工件数を増やすこともなく、着実に工事をされるとの
こと。なるほど。

ちなみに400万のUPはフランチャイズの特許料みたいなものか?
と、お聞きしたところ、そういうわけではなく(笑)、工賃と材料費
だそうです。
断熱材も屋根も二重になるし、部品が増えますからねー。

南国九州の場合は、二重の断熱材を一重(ただし若干厚め)に
してコストダウンすることも・・・とのこと。
やはり、無理に値引きさせる人っているんだろうな~と思いました。
(どうせSC選ぶなら、そこは削っちゃいかんだろう?)

断熱材、外側の丸いポツポツが付いてる方の素材が高いそうです。
発泡スチロールみたいな感じの何でも無さそうな感じなんですけどねぇ。
形状に特許でも?

断熱材固定や外壁の止め方は、普通の作りと同じでビスや
サイディングは金具で引っ掛ける方式のようでした。




木造の部分、柱はプレカットですか?と聞いたら、プレカットでした。
大工さんもSC工法には精通されてますが、現場で木を切ったり
削ったりする昔ながらの大工さんという感じの仕事ではない
みたいです。10年、20年と経つと、木の変形で気密性の方は新築時
よりも落ちていきます。その落ち具合は、地域の大工さんの腕の差…
は、関係ないかもしれませんね。プレカットならば。
(むしろ集成材の方が良い?)

展示場の和室の柱や窓枠を触りましたが、(カンナではなく)ヤスリ
掛けの手触りでした。壁はクロス貼りでした。
普通のお客さんとしてはそっちの方が、予算をかけて欲しくないので
正解・・・と言うのかも知れませんね。

でも、和室の窓の高さを低めにして、外からの目線を外したり、
設計面では工夫がされてましたよ。


話を聞いた感じでは誠実な仕事をされる工務店さんのようです。
まあ、こればかりは実際に現場を見てみないとわかりませんけどね。
しかも、素人が見てもわかんないので、その筋の名人が見ないと。

その辺の見極めができないから、地元工務店に頼むのが怖くて
大手やCMバンバンしてるトコに頼むって人が、依然多そうですからねぇ。
(下請けの大工さんが仕事するから、一緒って場合もあるのに。)

スポンサーサイト

おぉぉ~~

鉋とサンダーの仕上の違いを書いてあるブログなんてそうは無いんじゃ・・・(笑)

でもそういうことを描いてくれてあるって事はとても嬉しいことです。

鉋仕上げだと、木の艶からして違います・・・ってそんなところを観てくれる人もそう多くないんでしょうね・・・(泣)
[ 2009/03/22 03:30 ] [ 編集 ]

和室の木部にサンダー

ちょっと切ないですね(涙)
でもかく言う私のところでも、最近は大壁和室なんてのもやりますから、鉋仕上げの造作材の大壁和室とサンダー仕上げの真壁和室とどっちがいいかって話なわけで、、
SCのFP上納金(汗)、年間10棟以上の新築棟数でその全てがSCなら頭割りで一棟あたり十数万くらいになりそうです。
おきらく旦那さんが話しを聞いてこられたビルダーさんのところは大工さん11人とのことなので、年間棟数10~20棟でしょうから、充填断熱との価格差の殆どは材料代と人工等だと思います。
それでも十数万から数十万は含まれています(笑)
それでもSCに魅力を感じている人にはその程度の差で手に入るなら良いかもしれません。
コストダウンを迫って二重断熱をやめたら本末転倒ですね(苦笑)
[ 2009/03/22 09:50 ] [ 編集 ]

タッキーさんへ

タッキーさんこんにちは!

木造、木のぬくもりを前面に出しているところでも、サンダー
仕上げの様でした。
素人なもので、見ただけでわかったりはしないんですけど、
自分の家の柱や方立にくらべて、手触りがザラザラしてるので
触ってみたら(素人でも)すぐわかります。
やっぱり、比較対象を知ってないことには、わからないのだと
思います。

ツヤも全然違いますし、水が染みこまないので腐りにくいん
ですよね。カンナは表面の細胞を破壊せずに綺麗に切断するので、
水は浸透しないけど、吸湿、放湿は妨げないという・・・
(テレビで電子顕微鏡と高感度カメラで撮影してあるのを見ました)

その辺を宣伝しても、やっぱり売りにならないんですかねぇ。
[ 2009/03/22 15:10 ] [ 編集 ]

職人プチ親父さんへ

職人プチ親父さんこんにちは!

大壁和室・・・でも、柱っぽいのを大壁に貼り付けてまで真壁っぽく
みせるのもあるし、何が何だか(笑)
年間棟数はもう少し多かった気がします。なので、仰るとおりほぼ
材料代と人工代なのでしょうね。

SCに魅力を感じてる人には400万はそんなに高いと感じないと
思います。(大手HMの家よりも安いし)
でも、結露問題を除けば冷暖房費用なんて、30年で400万円も
違うとは思えません。
(この辺は月あたり1万円以上も冷暖房費だけにはかからない)
東北、北海道などのすごく寒い地方はどうでしょうかねぇ。

でも、電気をあまり使わず、地球に優しい感じは魅力的です♪
[ 2009/03/22 15:11 ] [ 編集 ]

42坪の充填断熱で、外構がどんなのか判らないけど、除いても2000万円台ってことですよね。結構いい仕様のおうちなのかなぁ。
それと400万しか変わらないならSC好きならSCにしちゃいますよね。
我が家を建ててもらったとこだと、400万じゃすまなかったですよ~。内断熱の家はかなり安く建てているみたいですが、差別化を測っているのか、おきらくさんのおうちみたいに断熱性能良くなさそう。
隣の家、夏も冬もエアコンがんがん稼動していますよ・・・。

そういえば、県民ショー?でしたっけ。北海道の冬の暖房代・・・本当に10万とかいくんですかね~。凄く大げさな気もするんだけど、室温設定30℃とかなら、なって当たり前なのかな。いろんな意味で凄いですよねi-202
[ 2009/03/29 12:08 ] [ 編集 ]

亨珈さんへ

亨珈さんこんにちは!
多少コンパクトになって、建売の形式にはなっているものの、
一応モデルハウスではあるので、結構贅沢な仕様になって
ますよ。充填断熱の家も、断熱は結構良い仕様の物かと。

400万円というのは、結構正直な金額なんだと思います。
つとむさんがコメントで書かれてましたが、上納金(笑)は
数十万のレベル。あと、予想ですが、材料代もtotalでは
100~200万程度の違いだと思いますよ。

あくまで、同仕様でSCにした場合なので、一般的な安いという
充填断熱の方は、グレードが違うんでしょうね。


ただ、断熱性ってそこまで高める必要があるか…ですね。
とくに、気候が穏やかな地域では。
おきらく邸の場合、冬の電気代、最高15,000円ちょい。
春秋の電気代9,000円。つまり約6,000円が暖房費と考えたら、
35年間、ずーっと冬でも(笑)、約250万円。
普通に四季が来たら、100万程度になっちゃうと思います。

SCにしても冷暖房費0円じゃないでしょうから、実質は充填断熱と
100万円も差が出ないということになってしまいますね。
(乱暴な計算ですけどね)

北海道…10万行く人もいるかも知れませんが、明らかに
平均的な家庭ではないのではないでしょうか?
(テレビだし、色々演出があるから)
もう、みのさんが出てるだけで胡散臭いですw
いや、面白いから見てるんですけどねwww


「探偵ナイトスクープ 羽毛布団の限界!?」というので、
北海道の極寒の海岸沿い(屋外!氷点下!吹雪!)に、
羽布団を敷いて寝るという企画があったんですけど、
パジャマでふつーに暖かく寝れるみたいですよwww
(さすがに海の中に入ったのは無理でしたがw)

[ 2009/03/29 14:12 ] [ 編集 ]

そんなところで布団で寝なくても~(笑)
いやいや。何事もチャレンジですか。
そういえば、北海道育ちの人が東京に修学旅行にきたら、皆が厚着で驚いたって話なら聞いたことあります。

差額400万は多分他の工法の家もかなりスペックが高いからなんでしょうね、やっぱり。
ここら辺も暖かいので、やはりペア硝子とは名ばかりのアルミサッシの家が多く、それと断熱材と屋根断熱の費用考えたらかなりコストアップするんでしょうね比較対象がしょぼいからw
ランニングコストはさておき、高断熱にこだわるのは、エアコンや灯油ヒーターより床暖房や蓄暖使いたいから・・・というのが一番の理由な気がします。うちがそうだから(笑)
うちの父辺りは、価格が高くても夫婦だけだし局所暖房しか出来ない寒い家だからヒーターで十分!というやつです。それはそれでありだと思います。機器が安いですものね。
ただし風呂まで灯油なので、車の運転する人はいいけど、頻繁に買いだしに行くのが難儀です・・・。
[ 2009/03/30 18:03 ] [ 編集 ]

亨珈さんへ

亨珈さんも羽根布団どうですか?(笑)
なんとなく点けてたテレビで思わず感心してしまいましたよ。
大阪から派遣された探偵でも、あったかく眠れたというのですから、
ほんとに暖かいんでしょうねぇ。断熱材でもまあ、同様の効果は期待
できそうですが、チクチクしたりゴワゴワしたりしそうです(笑)。

差額400万…サッシも樹脂サッシだったりして、ハイグレードでしたよ。
比較するときは、その辺も考慮に入れないといけませんね。

おきらく邸の懸念点は脱衣所の暖房ですが、将来的にはそこだけ
スポットヒータでしょうか。入浴前後だけの短時間ですしね。
[ 2009/03/31 00:22 ] [ 編集 ]

こんにちは、ソーラーサーキット、OMソーラー、FPの家等機能性住宅に興味があります。良かったらリンクさせて下さい。
[ 2009/04/03 16:30 ] [ 編集 ]

おーちぃパパさんへ

おーちぃパパさんこんにちは。

機能性住宅っていうんですね。なるほど…。
リンクはどんどんお願いします。

ただ、内容的に機能性住宅とは真逆ですけど(笑)
(特に否定はしてませんが、機能<<施工の丁寧さ 
くらいで考えたほうが。)
[ 2009/04/03 22:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://laserdiode.blog100.fc2.com/tb.php/641-4aaf11b8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。