無料レンタル





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やってはいけない。

×ビルダーさん主導で話を進めない。
  建築計画・資金計画を立てさせない。契約を急がない!

×「子供が入学するから」「転校、転園はかわいそう」「控除の関係で年末までに」
  とかで建築期限を決めない。
  納期の短縮を無理に言わない。(業者の都合での延長は除いて)

×本やネットに書いてある事、ビルダーさんの言う事を鵜呑みにしない。
  (本は教科書ではなくて、パンフレット(広告媒体))
  「営業:ここまでならがんばれば計画的に返済できます!」⇒できないこともある



■ビルダーさん主導で話を進めない。
 中には、本当にわずかですが、施主の無知をフォローして、キチンとした
生涯設計を考慮してあげて、身の丈にあった住宅設計を薦めてくれる
ビルダーさんも居ます。

しかし、そういうビルダーさんは、9割方儲かってない、一見しょぼい(失礼!)
ビルダーさんなので、なかなか素人施主はそんなビルダーさんと最初に
接触するということはありません。そういうとこは派手な広告は出さないので。


大きい企業は、利益を沢山上げてるから大きくなるわけで、誰から大きな
利益を得ているかといえば、施主の皆様からという訳でして。

大きな利益を上げるためには、同じ利益率でも、売上金額が上がればOK。
なので、高い買い物をしてくれた方が、企業的にはありがたい。
しかも、一生に一度の買い物なので、逆に言うとリピートはあまり考えなくて
大丈夫。(へんな噂を立てられない程度に印象悪くせず。)

と、いうことで、施主が勉強不足だと、あれよあれよと考えるまもなく、
「今が建て時ですよ!」(←たぶんいつも言う)
とのセリフの元、高い仕様で契約を急がせることもあるのです。

車を買うのに、2,3日で決める人は少ないと思います。
その金額の10倍のものを20,30日で決めて良いんでしょうか?
2,3年は勉強してからで良いのでは?



■建築期限を決めない。
 子供が入学するからそれまでに・・・というお家は多いと思います。
実はウチもなんですが(笑)⇒入学には間に合いませんでしたw
でも、取りかかりが夏~秋以降で、そこから4月までにというのは、あまりにも
計画を急ぎすぎのような気がします。
ビルダーによっては建てれる工期でも、施主の方の準備が不足します。

業界に詳しい人、経験がある人ならば、その日程でもなんとかなりますが、
初めての家作りで、色々勉強しながらならばそれは取り返しの付かない
失敗を誘発する可能性があります。(施工ミスではなく)

後になって、「あーこうしとけば良かった。」と後悔することのない様に、
じっくり行きましょう。


もう一つ、ビルダーが最初に計画した日程から、いろんな理由で後ろ倒しに
なった場合、たいていはなんとか最初の予定通りにしようとしますよね。
1,2日ならともかく、大きな日程短縮は非常に危険です。

派遣、下請けの大工さんの場合、日程短縮するために、1日8時間の
労働を12時間にして間に合わせてくれといっても、モチベーションは
上がりません。

もしかしたら、給料も上がらないんじゃないでしょうか。
だとしたら、「12時間分の仕事を8時間でやれ。給料も8時間分で。」

と、言うことになったら、普通のサラリーマンだったらどうします?
まず、間違いなく何かの手順を端折って作業しちゃいますよね。

抜きやすいのは、確認、測定作業。上手く行けば成果物の出来は
変わらない物になります。
あとは、それで間に合わなければ、見えないところの作業を抜くしか
ありません。

このブログを見に来られてる関係業者、職人さん達は少数派の
手抜き出来ないタイプの人が多いようですが(笑)、世間一般の
業者さんは、間違った経営努力(いかに手を抜けるか)をしてる所も
多いですよ。


なので、「遅れるのはわかったから、急がず確実に作業をしてくれ」と
いうのが、良い家を建てるという事に関しては、無難な返答だと思います。
仮住まいでアパートに移ってる場合などは、そうも行かないという思いが
有るかも知れませんが、よくよく考えてみてください。


(業者の都合での延長は除いて)
材料を発注し忘れた、違うのを注文してた、余所の現場でミスがあって
リカバリーに工数がかかってるとか、施工ミスをやりなおすとか?

そんな業者は…困ったもんですね。



■本やネットに書いてある事、ビルダーさんの言う事を鵜呑みにしない。
自分の会社や自分の使っている工法をべた褒めしている本。
住み心地は数値では表せないので、快適と言われればそれまで。
逆に、他メーカーの工法を不快とこき下ろしている本もどうかと。

基本的に不具合が起こっている工法も、工法的に欠陥がある訳では
なくて、施工の悪いビルダーのせいでの欠陥という場合の方が多いと
思います。

ハッキリ言って、工法での差、バラツキよりも施工のバラツキの方が
断然大きいと思うんですよね。

なので、施工の方を丁寧に説明する方が妥当のような気がしますが、
そんなもん本に書いても誰も見向きもしないので(笑)、目新しい工法の
宣伝本になっちゃうんだと思います。
参考にはなるけど、参考までしかならないというか…。そんな感じです。


施主ブログなんかで書いてあることも、不具合部分はコミュニケーションの
悪さが原因ということも多そうです。原因は施主、ビルダーのどちらも
あり得るので何とも言えませんが、トラブルが多いからって、その
ビルダー、工法を敬遠する必要はないと思います。
(同じ地域の場合は多少注意が必要か?)

褒めているところは、(自分含めて)素人がわかる範囲で褒めてる
だけなので、プロから見たらそうでもないところも沢山あると思います。
見えない部分なんて、素人では気づきもしませんからね。


ビルダーさんの言うことは、最初の方に書いた理由で利益がからんで
いる場合は、信用できないことがあります。
「ウチでは建てない方がいいですよ」
という、忠告は…聞いた方がいいかもしれません(笑)




色々書きましたが、書いたとしてもこのブログを読んでくれてるような
奇特な人で、まだこれから検討を始めるという人はほぼいないかと(笑)。

知り合いにそんな人がいたらアドバイスしてあげといてください。




スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://laserdiode.blog100.fc2.com/tb.php/662-65fa3068


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。