無料レンタル





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

こうすれば良かったシリーズ(2)

脱衣所の窓と、浴室の窓。

これは、まさにその家の生活習慣の違いに関係するところなので、あてはまらない
事もあるとおもいますが、我が家の場合ということで。

ちなみに浴室の窓は、これまで数回/年しか開けたことがありません(笑)





浴室にはブラインド内臓ペアガラス(プラス型ガラス)を使ってます。
脱衣所には普通の型ガラス(ペアガラスの)を使っています。割と大き目の腰窓です。

浴室は、おかげで夜に入っても人影が見えることはありません。昼はブラインドを開ければ
光も入ってきます。
水回り003

ただ、ブラインドは「内蔵」なので、窓を開けたら丸見えです。
外観を気にしないならば、外付けの開閉式ブラインドの方が、使い勝手はよさそうです。
(掃除や日中に窓を開けて換気したりする場合)


また、脱衣所のほうは、カーテンもつけていないため、なんとも心もとない感じです。
窓の近くにはタンスがあるので、近づいてシルエットがクッキリなんてことはないのですが。
(ちなみに、瞬間的にですけど湿度が高くなるところなので、カーテンはつけません。)


後で考えると、
ブラインド内臓ガラスを脱衣所につければよかったのでは?
と思いました。

お風呂の窓はウチの場合、めったに開けないので、小さい内倒し窓かなにかで
良かった気がします。(換気扇があるので入浴中は開けない)

だって、マンションとかアパートの浴室は大抵窓が無いか、小さい窓なんでしょ?
それでもいいんじゃない?


あ、浴室で開放的な景色が好きな人は、ブラインド内臓ペアガラスはお勧めですよ。
YKKAPのやつみたいに、ブラインドが上に上げられるやつの方がなお良いです。

スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://laserdiode.blog100.fc2.com/tb.php/724-b3a0e155


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。