無料レンタル





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

床下に潜ってみた

1.5年経ちました。床下はどんな状況になってるでしょうか?
素人なので、点検とまでは行かないんで、探検?(笑)

ちなみに我が家に床下点検口は有りません。
(ほら、長期優良とかまだ無かったからw)



床下点検口ですが、床下収納などは余裕が無いし、そんなに
好きな感じでもなかったらしく適用せず。
新たに点検口を作るとなると、押入あたりに作るとのことだったんですが、
そうすると、押入の床の断熱とかがめんどくさいことに。

1年に1回以下の使用頻度のとこにそんなリスクを負って点検口を
つくるのもアレなので作りませんでした。

で、どこから入るかというと、和室の床からです。
畳2枚をどかして、荒板を5枚(ビスを)外して、スタイロフォームを
1枚だけ外すと床に入れます。
インパクトドライバが有れば、ものの5分で大丈夫。
(でも作ってもらってても良かったかも・・・)

しかし…何で点検口作る方が長期優良になるんですかねぇ!


床下にビデオカメラとライトを持って潜行開始です。
普通の何もない部分は、ハイハイで進めました。これなら何とか。
ただ、土台や大引が有るところは腰が引っかかるので、しかたなく
匍匐前進。得意では無いので、翌日は筋肉痛かもw
ノリスケさんならきっと楽々進める気がします・・・)


基本的に、とくに何か変になってそうな所は有りませんでした。
(まあ1.5年しか経ってませんしね)
何か変に土の塊が出来てたりしたらどうしようとか思いましたが
そんなのも有りません。一安心。


所々こんなのが。
床下探検002
これは、根太の高さを均一に調整してあるためだと思います。
以前、記事にしてますよね。(こちら


こっちも。
床下探検006 床下探検007
大引の上とスタイロフォームの間に、ベニヤが挟んであるのが
見えますでしょうか。ベニヤは大引に固定されてます

これはおそらく、スタイロがたわまないようにしてあるのではない
でしょうか。スタイロフォームが根太の上側とツライチになるように、
金具でとどめてあるので、大引の上とスタイロとの間には隙間が
出来ます。その隙間を埋めてあるのでは無いかと。

金具を沢山使っても同じ事はできますが、金具が結構高い(25円/個)って
話をされてたのを聞いたので、この方法をとられたんではないかと推測。

多分、こんなところ、普通は何もせずに端と端を金具でとめれば
良いんだと思います。こんなとこ気にして作業してるところも少ないん
じゃないでしょうか。


そして、材木には矢印「↑」が。
これは、ず~っと前に記事に書いた、木が反る方向でしょうか。
床の上の方に反ってくれれば、当然フローリングで押さえつけますんで、
ギシギシいいにくい方向ですからねぇ。



とりあえず、ぐるっと一周してみました。

床下探検001
これは、普通のお宅には無い部分。基礎から水栓が生えてる部分の
裏側です。後で追加した部分かつ、低予算のためこうなりました。
庭の水まきに超重宝してます!!しかも追加費用ほぼ無しでやって貰いました


こちらは脱衣所の下。
床下探検003

特に漏れてたりもしてません。塩ビパイプのテカってる部分は接着剤。


床下探検004 床下探検005
ユニットバスの下です。断熱仕様。


ちょっと失敗というか大丈夫か?ってところが有ります。
排水パイプが邪魔をして、浴室に行けなさそうなんです。

もしかしたら、プロの人(&細い人)ならいけるかも知れませんが、
ちょっと自分は大変そうなので止めました(笑)。
5年目あたりで、薬剤の再塗布をお願いしようと思っているのですが、
その場合どうするんでしょうね?


次に潜るときには、スケボーみたいのが欲しいかも。

スポンサーサイト

こんにちは!!!
匍匐前進は慣れです(笑)
でも床下って中々行けないので、ちょっと冒険気分で面白いですね。

タ○ホームで建てた友人は建てて2年もしないうちに浴室の水漏れがあったそうで、床下に点検しようとしたら、そもそもの点検口などなかったとか…

ちなみにわが家は台所の床下収納から行けますが、未だ潜入した事ありません
[ 2009/10/29 12:46 ] [ 編集 ]

わが家にはウォークインクローゼット内に床下に潜れる
点検口があるので年末にでも潜って探検してみようと思います!

どうしよう…問題だらけだったら。
知らないオッサンとか住んでたら、どうしよう。
[ 2009/10/29 13:21 ] [ 編集 ]

こんにちは!
床下、行ったことないですが
やっぱり、匍匐前進なんですね。
スケボーほしいですね(笑)

ウチはピアの室につくりました。
理由→人の出入りがとっても限定されているため。

追伸
リンクさせてもらってもいいですか?
[ 2009/10/29 18:22 ] [ 編集 ]

ノリスケさんへ

ノリスケさんこんにちは~。

・・・慣れですかー(笑)。匍匐前進。
でも、普通の生活で匍匐前進に慣れてるって人は、どんな人なんでしょうねぇ。
職業柄ってならともかく。

○マホームで建てられたそのご友人は、結局どこから入られたんでしょうね?
ウチみたいに和室の床からですかね?

台所の床下収納からってのが定番みたいですね。奥さんの実家もそうみたいです。
でも、普通の人は潜入しないのかな。仰るとおり楽しいんですけどねぇ!(笑)
[ 2009/10/29 23:49 ] [ 編集 ]

DJ.きんたろうさんへ

どうします?DJ.きんたろうさんの奥さんが飼ってるオッサンだったら。(笑)
「元居たところに戻してきなさい!」みたいな。

基礎断熱をしてるお宅は、もしかしたら快適な(床下)住まいだったり
するんでしょうか?
どなたか基礎断熱のお宅で潜ってみてくれませんかね。

あ、きんたろうさん年末にはさすがに冷たくないですか?
寒くない今のうちに潜ってみては?
[ 2009/10/29 23:55 ] [ 編集 ]

なっちゃんへ

なっちゃんこんにちは!
匍匐と葡萄はなんか似てますね!(関係ない)
リンクありがとうございます!よろしくお願いしまっす。

安定度は低くても、スケボーの方が良い気がします。
(小回りの利きそうなのが良いかな?)
ピアノ室に作られたんですね。なるほど。それも良いかも。
あのしっかりした土台のトコですね。

[ 2009/10/29 23:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://laserdiode.blog100.fc2.com/tb.php/754-c4bf5c65


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。