無料レンタル





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

長期優良、震度6強で倒壊(続き)

前回の記事で、「そんなことより考察を載せて欲しい」ってのを
書きましたが、書いてらっしゃる人を(他の人のブログから)知りました。

「太郎丸の木造耐力壁ジャパンカップ応援blog」
3階建木造の実大実験 2009/10/27

ここに間取りが載ってますが…、確かに耐力壁の置き方が素人目にも
危ない感じです。
(これでは南北の揺れは強いが東西の揺れには弱いぞ…という感じ)

ちなみに自分の家はこんなことを考えてました。
(素人の割には考えて間取り作ったと思いません?w)





耐震強度を考える

設計士さん
「筋交い入れれる耐力壁がちょっと少ないので、窓の位置をずらしてみたよ。」

わかりやすくタタミを置いてみて説明。およそタタミの短辺分くらいの幅がないと
耐力壁にならないのです。
上が最初考えてた位置。真ん中が変更案。
(壁に変な形が付いてるのが耐力壁)
耐震強度を考える005:最初の案
耐震強度を考える006:変更案
耐震強度を考える007:広ければなぁ
下は、和室が8畳あったら何も考えずに問題なしという意味。(土地の幅が…)

間取り考えるとき、筋交いにしろ、パネルにしろ、耐力壁のことがスポッと
抜け落ちてました(笑)
まあ、普通はそこまで考えなくても、設計士さんが考えてくれますが。
 注:ちなみに設計士さんが計算したところ、修正前の間取りでも十分規定の
   強度は満たしてたそうです。
でも国が決めた基準自体を信用してないおきらく旦那。


ちなみに、ネットで調べたら、間取りと耐震性には、密接な関係があるそうです。
 耐力壁は…
・縦横両方にまんべんなく必要。
・耐力壁はコーナーに入れると、より効果的。
     →コーナーにある柱のない窓はかっこいいけど、その分強度は・・・
・ 窓や扉など開口部は、耐力壁にできない。
   →なので窓がいっぱいの南側が壁量が不足する。
  ・2階建ては、面倒、更に3階建てなんてなお面倒。
     →2階建ての1階は耐力壁多い方がいいですよね。


・・・どれも当たり前っちゃ、当たり前ですね。



しれっと過去の記事の画像を差し替えましたw(わかりにくかった)
今見てみると、「間取り考えるときに、耐力壁考えてる人なんてそんな
いっぱいいるわけないだろ!」と自分に突っ込みたい(笑)。

そして、これだけ検討して、結局ダイライト付けたんであんまり関係なかったと
いうオチ(笑)・・・いや、頑丈になってるはず!

無理して南側の開口を大きくすると、あの衝撃画像のようになるかもよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://laserdiode.blog100.fc2.com/tb.php/761-4e5c300a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。