無料レンタル





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

間取りソフトを活用しよう

先日こんなニュアンスのコメントをいただきました。
「本日上棟なんだけど、これから有料ソフト買っても役に立つ?」
・・・えーっと、まずは上棟おめでとうございます!(えっ、違う?)

役に立つかですけど、

結論:人それぞれだけど、少なくとも俺は役に立った!

です。それはどんなところかといいますと・・・




ここから、家作りをするときに使うソフトの使い道に関してメモしていきます。
基本的に、ド素人さん対象の紹介です。なので、ソフトの細かい操作法や
テクニックの要る裏技関係の紹介は無しです。

以前は、フリーソフトの比較なんかを記事に載せてましたが、でも、まじめに
家作りを考えてる人ならば、フリーなんだから全部試せばいいと思います(笑)。

個人的なお奨め(&実際に活用したもの)は、

 フリーソフト:せっけい倶楽部
 有料ソフト:マイホームデザイナー
(LS,LS2などのプロ仕様じゃない方)

です。

なので、ちょっとだけマイホームデザイナーLSでのことに偏った内容になりますが、
ご了承ください。


【ポイント】

個人的に、実際との比較にすごい参考になるな~と思う使い方のひとつは、
「人物を置いてみること」

です。
ソフトに入ってるモデルの人間を、自分の家族の身長、横幅wとおなじくらいに調整して
置いてみるんです。
kitchen002_20091107194258.jpg kitchen004_20091107194304.jpg
この画は台所の動線を考えたときのヤツです。「台所の3角形を考える

写真でも、ただ部屋の写真より、人がいるほうが大きさが分かりやすいでしょう?
私たちは専門家じゃないんだから、比較対象がないと分かりにくいです。

駐車場の横幅や、自電車置き場など、その幅で通れるのか、車のドアは開けれる?
切り返しが出来る?なんてのだけではなく、台所や子供部屋なんかの広さも。

ポイント2はこちらで書きました。「今住んでる間取りを作ってみよう。」



【ソフトの使い道】
■土地とか詳細が決まる前、妄想段階(笑)
 ・とにかくいろいろ作って遊ぶ(⇒すぐ飽きるw)
 ・坪単価29.8万円とかで計算して、大豪邸を作っちゃう(⇒現実とのギャップに泣くw)
 ・そもそも何していいか分からない
 ・ゼロからなんて素人はすぐには作れない。
    ⇒これは、今の住宅や、ハウスメーカの間取りを参考にすると楽です。

よって、この段階ではあまりソフトを必要とする機会はなさそうです。
(土地を持ってるなら別ですが)


■ビルダーと間取り打合せ段階
 このタイミングが一番ソフトが活躍するときではないでしょうか。
 (間取りソフトって言うくらいなんだから、間取りを決めるときに活用するのが本筋?)

  ○もらった間取り案を入力してみる。
   ・ビルダー設計案から、自分たちに都合がよいように、ちょろちょろっと変更してみる。
    変更したいトコを、プリントアウトして(か、画面見せて)打合せすると便利。

  具体的に立体にすることで、自分たちのイメージを相手に伝えられますし、
  こちらも相手が何を言いたいのかが分かることがあります。 

ここの段階での利用方法が一番詳しく書ける気がしますが、今回は省略します。
(この辺はあちこちのサイトでよく書かれてる気もしますし)

 ○建材を選ぶ参考に
   壁紙や外壁、屋根、雨樋…その辺を決めるときには、大抵小さなサンプルで
   決めてしまうと思います。で、実際に付いたのを見て、「想像と違う!」

   もちろんソフトでも、実物とは印象が違いますが、たとえば、壁紙を選ぶとき、
   壁だけを想像するのではなく、床や天井、家具と組み合わせて色はどうか?
   外壁の色を、屋根やサッシと組み合わせてどうか?などがわかります。 
    ⇒ちょっとした操作を行うと、実際に撮影した写真を背景に出来るので、
     骨組みだけの現場に、完成時の立ち姿を重ねることができますよ。


■建ち始めてから(上棟してから)

 ○建材を選ぶ参考に(再び)
  ・壁紙なんかは、建ち始めてから決めたりしますよね。


 ○照明や飾りの微妙な位置
   最近のソフトは、照明を光らせるのも簡単なので、明かりを点けたらどんな
   雰囲気になるかも妄想出来ます。
   さすがに形が全く同じものというのは難しいとは思いますが、参考にはなります。
   シーリングファンとか付けたら、ごちゃごちゃするかな?ってときも参考に。


 ○エアコンの設置場所
   ・カーテンレールが邪魔する
   ・そこはタンスの真上なので、タンスが傷むかも。
   ・リビングに座った位置から眺めると、その場所は気になるなぁ。
   なんてことを検討出来ます。
   あとで、位置を変えようとしたら、室外機や配管が難しくて変えにくい。
   もう隠蔽配管で作っちゃったよ。とかもなくなるかも。


■引渡し間近、引越し前後
 さすがにここまでになったらもうすること無いと思うでしょ?そうでもないです。

 ○家具を選ぶ参考に
  ・寸法を測定して家具を買いに行ったのに、微妙に位置が使いづらい。
   でも、他には動かせない。なんてことが回避できることがあります。
   (そこだと、引き出しあけると動けない!とか良くある?)

  ・大きいテレビを買いたい。どこに置くか。サイズは○○インチで大丈夫か。
   ソフトでは、実際の商品がモデルで作ってあることがあります。それを置くと感触が
   つかめます。(目当ての家電メーカーと違っても、サイズはそんなに違いません。)


 ○カーテンの色を選ぶ参考に
  ・近所のカーテン屋さんで買うならば、いろいろ持って来てもらって、実際に
   かけてみて決めるってのも出来るみたいですが、通販とか、お店で決めないと
   いけない場合なんかに。
   (ウチは持ってきてくれたので検討しませんでしたけど)


 ○引越しのときに
  ・ソフト上で、大きい家具を部屋に設置して印刷しておくと、いちいち現場で位置を指示する
   手間が少し省けて便利かも。
   「ここに、タンスを3つ並べて・・・と思ったら、うまく収まらない」とかは減ります。
   

 ○なにか"大きな小物"(矛盾した表現w)を通販で買うとき。
  ・楽天とかヤフオクとか、ネットで購入するものは、寸法を確認して、実際に
   似たようなアイテムをソフト上で置いてみて考えるとよいです。
   棚とか小物入れとか、ちょっと思ったより小さかった、大きかったってのが良くあります。


 ○外構の参考に
   外構は、建ってから考えるって人も多いと思います。基本は業者に頼めば
   いいんですけどね。お金がなくて、自分でやらざるを得ない場合なんかには
   有効ですよ。




ソフトの性能を100%使いこなすのは無理でも、設計士さんにもらった間取りを
入力して、人を配置して、自分の持ってるものの寸法にした家具を置いてみる。
これだけで、十分元は取れると思います。
(失敗によるロスコストを防ぐという意味で。)

ただし、どんな優秀なソフトでも、使わなければただのキラキラした円盤(笑)
なので、キラキラした円盤に数千円も払う価値はありません。
(ダウンロードで買ったら、ただの数桁の数字の羅列(シリアル番号)が数千円
ということになりますね。)

ご利用は計画的に!

こちらに、実際に建てた家の写真と、マイホームデザイナーで作ったものとの
比較事例が500件(500軒)以上載ってます。

理想のわが家 本当に建てました!
(※メーカーのサイトだから、良いことしか書いてないかもなのでその辺は注意w)

私の持ってる、マイホームデザイナーLSでは、ロフトとか、中二階とかを作るには
ちょっとしたテクニックが必要でした。ガイドはありますが、ド素人には厳しいです。


良いこと悪いこと含めてのご意見は、
通販サイトのレビューなんかを見てみてもよいかも知れません。


欲しくなってきました?(笑)




おまけ
これ(日当たりの検討)のやり方、知りたい人いますか?
隣近所の建物も一緒に入れてやると、陰になるかどうかもわかりますよ。
庇の威力004

やり方は知らなくていいから、検討だけはしたい人、間取りをメールで送ってくれたら、
暇つぶしに検証しても・・・(笑) (冗談ですよwそんな人いないとは思いますが。)
※こちらにやり方を書きました。実際の家の写真とも比較。

今日も小出しにせずにがっつり書いてしまいました(笑)


★おしらせ
初めて訪問された方がいらっしゃったら、目次ページを
ご覧になることをお奨めします。
★家作り部分抽出 建築実況
♪考察部分抽出 家作りとは?

スポンサーサイト

こんにちは!!!
どこかで見た事あるかと思ったら、わが家もハイムで間取りを作ってもらった時に鳥瞰図もついてきましたけど、このソフトで作ったんですね。
私もせっけい倶楽部で間取り案作りましたよ。

素人にとってはイメージと実際の間取りは結構違ってたりしてガッカリする事もあるようですけど、(私の職場では)イメージアップのために作ってみるとイイですね
[ 2009/11/08 15:02 ] [ 編集 ]

我が家も

我が家も間取りを試行錯誤しているときは間取りソフトを使いました。
最初は
  せっけい倶楽部
をダウンロードして使っていたのですが、すぐに限界を感じて
  マイホームデザイナーLS2
の購入となりました。
本職ではないので大雑把な間取り設計でしたが、いろいろ変更が簡単にできるので重宝しました。
既に新居も建ってしまいましたが、未だに「こうだったらいいかな?」等と間取りを考えています。
[ 2009/11/08 20:43 ] [ 編集 ]

ノリスケさんへ

ノリスケさんこんにちは!

ハイムさんでも使われてる人がいるんですねー。なるほど。
この金額だったら、Proでも営業所単位で買える価格ではありますね。

間取り案作成は、わたしもせっけい倶楽部でやりました。
(マイホームデザイナーはもう決まってしまってから買いました。)
せっけい倶楽部の鳥瞰図でも結構参考になりますよね。

私含めて素人って、平面図だけでは色々勘違いしてることも
多いと思うんですよね。イメージをしっかり持つためには有効だったと
思います。
(ウォークスルーっていう機能が結構役に立ちました)
[ 2009/11/08 22:16 ] [ 編集 ]

wanwanhouseさんへ

wanwanhouseさんこんにちは~。

wanwanhouseさんもせっけい倶楽部でしたか。
たしかに、機能的にはさすがにマイホームデザイナーには適いませんけど、
アレはアレで役にたちますよね。
でも、小物の充実度とか部屋の形状の自由度とかはやっぱLSの方が
かなり上ですね。(まあ、だから有料なんでしょうけど)


> 既に新居も建ってしまいましたが、未だに「こうだったらいいかな?」等と間取りを考えています。

大丈夫ですよ。もう一件建てれば良いですから(笑)
そしたら活用できます。
(なにも自分の家でなくても良いんですしw)
[ 2009/11/08 22:31 ] [ 編集 ]

うちも・・・

せっけい倶楽部から始まりマイホームデザイナーLS2を買いましたよ。

おかげで色々自分たちの理想の間取りが出来たけど、このソフトがあるおかげで旦那は今でもやっぱりここはこうやってやればよかった…とかやってますよ。

実際に建てたら1万円プレゼント~とか応募してみようかな?ってまだやってるのか?
[ 2009/11/12 11:27 ] [ 編集 ]

まりもさんへ

まりもさんもブログにLS2使われてますねー。
そして、みんなせっけい倶楽部経由ですね(笑)

>旦那は今でもやっぱりここはこうやってやればよかった…とか

だったら最初から真剣に考えてよって感じでしょうか(笑)
でも、実際に建ってみないと自分でも判らないって事が多いですよねー。


> 実際に建てたら1万円プレゼント

 ⇒調べました。終わってました(泣)

[ 2009/11/13 01:39 ] [ 編集 ]

私もマイホームデザイナー買ったんですけど・・・中2階はあるはロフトはあるわで結局使いこなせず・・・。
そのうちヤフオクにでも出そうとおもっています。
でも立体感覚をつかむのにも使えれば使ったほうがいいなと思いました。
平面の図面では気づかなかったことが実際たくさんあって、昨日も一部変更がでてきました。
がんばって使おうかな~。
でもうちの間取りはむずかしい・・・。
[ 2009/11/14 23:43 ] [ 編集 ]

Emiさんへ

Emiさんこんにちは。
LS2でも、やっぱり中2階やロフトには対応してないんですね・・・。
最近の家には中2階とか結構採用されてると思うんで、対応しないと
不便だと思うんですけどねぇ。一応作り方はどこかに解説してあった
ような気がしますが。

3階建てにして2階部分の壁や床をとりはらうとか、そういうやりかたで
なんとなく出来た気がします。
ロフトもできることは出来るらしいですよ。

でも、そういう難しい操作をやらなくとも、部屋毎(階層毎)にモデルを
作って、レイアウトを検討しても良いかもしれませんね。
まあ、ヤフオクに出すのは、家が建ってから(新居から)で良いんじゃ
ないでしょうか(笑)。
[ 2009/11/15 17:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://laserdiode.blog100.fc2.com/tb.php/764-c675f502


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。